mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

神奈川フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会みなとみらいシリーズ第329回

経験と深い見識に裏打ちされた確かなタクトで、神奈川フィルとのブルックナー「交響曲第4番」の演奏を圧倒的な名演へと導いたマエストロが2年ぶりの登場。ブルックナー畢生の大作「交響曲第8番」の、しかも演奏機会自体が希少な“1887年第1稿ノヴァーク版”の演奏は、この大曲に初めて取り組む神奈川フィルにとって新たな歴史の1ページを刻むこととなるでしょう。

主な演目 ブルックナー/交響曲第8番ハ短調WAB108  (1887年第1稿ノヴァーク版)
  ※この公演は休憩がありません。

このスポットの記事

関連記事

  • ロシアの作曲家、プロコフィエフが歩いた1918年の横浜へ

    開催期間:2018/07/06〜2018.07.07
  • 今、注目の二人が紡ぐ、オール・ベートーヴェンの旋律

    開催期間:2018/06/16〜2018.06.16
  • リコーダーって何種類あるの!? 人気のレクチャーコンサート第4弾

    開催期間:2018/08/28〜2018.08.28
  • 横浜能楽堂で出会う コーラスによる新たな伝統芸能のかたち

    開催期間:2018/08/23〜2018.08.23