mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

県民のための能を知る会 鎌倉公演

講演「寝乱れ髪のごとき恋の妄執」小林 健二
狂言「伯母ヶ酒(おばがさけ)」大蔵吉次郎
能「玉鬢(たまかづら)」中森 貫太
質疑応答 中森貫太


「源氏物語と能」をテーマとする企画公演。 能は日本屈指の恋愛小説「源氏物語」から、恋に恋する女性を主人公とする「玉鬘(たまかづら)」。その他に、小林健二氏による分かり易い解説、狂言「伯母ヶ酒(おばがさけ)」の三本立てに加え、最後には質問コーナーも設けています。 能には現代語訳した台詞や動きの解説を表示する 「字幕システム」を使用いたします。

能「玉鬘(たまかづら)」あらすじ: 
南都巡礼の旅僧が初瀬川の辺りにさしかかると小舟に乗った女が上ってくるので声を掛け、声を掛け共に御堂に参詣する。更に二本の杉案内されたので僧が「二本(ふたもと)の杉の立所(たちど)を 訪ねずは~」の古歌の謂われを尋ねると光源氏の時代に此処で起こった事柄を語り、我こそ玉鬘の幽霊と名乗り姿を消す。僧が弔っていると玉鬘の幽霊が現れ妄執に苦しむ身の上を嘆くが、僧の回向により成仏して消え失せる。

ひとこと:
この曲は恋人を思うでは無く、母でも無い。何に対して妄執があり、何を救って欲しいのかが良くわからない曲で、恋愛に憧れる少女…オジサンには一番理解できない物語です。でも前半は棹を持ち小舟に乗った女であり。後半は狂女として狂おしく舞う曲で、見所の多い面白い曲です。

このスポットの記事

関連記事

  • 世界初演! 横浜能楽堂×台湾の国光劇団が挑む新作「繍襦夢」

    開催期間:2018/06/17〜2018.06.17
  • 働く女性が主人公のあの鉄板ネタも! “オンナ目線”の落語が面白い

    開催期間:2018/06/29〜2018.06.29
  • 「能を知る会」鎌倉公演、昼の部も能は仇打ちがテーマ

    開催期間:2018/06/02〜2018.06.02
  • 鎌倉能舞台へ。わかりやすい解説付きで能と狂言2曲が楽しめる!

    開催期間:2018/06/02〜2018.06.02