mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。
1996年、岡本太郎没、享年84歳。
その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞(2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称)、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年で21回目をむかえた本賞では、558点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、26名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、川崎市岡本太郎美術館「第21回岡本太郎現代芸術賞」展にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品をご覧ください。

このスポットの記事

関連記事

  • 桃山の華から、伝統と現代の 美濃陶芸がずらり

    開催期間:2018/06/15〜2018.07.08
  • 象の鼻テラスで映像と音楽が融合した一夜限りのライブシネマ

    開催期間:2018/06/09〜2018.06.09
  • ロダン大理石像《接吻》日本発公開! ターナー幻のヌードスケッチ公開!

    開催期間:2018/03/24〜2018.06.24
  • 風変わりな編み物作品 「へんなあみもの」に会いに行こう

    開催期間:2018/05/30〜2018.06.03