mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Gourmet
2014.11.12

【みのや本店】“横浜風和菓子”を目指す老舗

本物のシウマイそっくり! 会話が弾むこと請け合いです

「どうぞ」とだまって出されたら、食べたとたんにびっくりしそう! 横浜名物のシュウマイを模して作られたこちら、実はスイートな和菓子なのです。

くるみを練り込んだ白あんを、薄いまんじゅうの皮で包み、真ん中には練り切りで再現したグリーンピースをひとつぶ。ほどよい甘さの中に、コリコリっとしたくるみの食感が良いアクセントです。

販売しているのは、創業明治43年(1910年)の和菓子店「みのや本店」。100年以上の歴史を誇る老舗です。

同店看板商品の「みのや煉羊羹」は神奈川県指定銘菓であり、全日本羊羹大品評会で最高位「全日本賞」も受賞。そんな伝統的な和菓子に加え、洋のエッセンスを取り入れたお菓子が並ぶのは、“横浜風和菓子”を目指しているお店だからこそ。「シウマイ饅頭」も、そんな姿勢が生み出した遊び心あふれる逸品です。

シウマイ饅頭
1,500円(6個入り)

シウマイ饅頭は、パッケージもユニークなんですよ。

シウマイ饅頭は30年ほども前に考案されたのだとか。横浜みやげのロングセラーですね。

みのや本店は、関内駅近く、イセザキ・モールのウエルカムゲート近くにあります。

創業明治43年の老舗です。

中にはお菓子がいっぱい!

これが、「全日本羊羹大品評会」で最高位の「全日本賞」を受賞、神奈川県指定銘菓でもある「みのや煉羊羹」です。

こんな手軽なサイズの羊羹も。

ほかにも、季節を表現した生菓子や餅菓子、こんなおしゃれなパッケージの羊羹なども。

ちょっと洋風のお菓子もありますよ。
こちらは人気商品の焼きモンブラン。

しっとりとした甘い栗あんの中に、栗がひとつぶ。
コーヒーや紅茶にも合いそう!

11月の今は、店内には子どもたちが喜びそうな、クリスマスのお菓子もありました。

年末にかけては、お正月用のお餅も販売されるそう。毎年買い求める人も多いようですよ。

SPOT INFO

みのや本店

明治43年、現在地で羊羹舗「みのや」として創業した和菓子店。ガラス張りの明るい店内の雰囲気は、入り口は「洋」を、奥は「純和」をイメージしています。神奈川県の指定銘菓にも認定されている「みのや煉羊羹」は横浜みやげとしても人気です。

  • ショップ・スポット名
    みのや本店
  • 住所
    神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-3-2
  • 電話
    045-251-6350
  • 営業時間
    10:00〜19:30、不定休
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
  • URL
検索