mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

横浜赤レンガ倉庫
2021.03.19

摘むと雨が降る花

世の中には雨男や雨女と言われる人がいます。

かくいう私も、少し大人になるまで雨女だと思っていました。

小学校での年一回ある遠足では、6回中、5回も雨に降られ、同じ水族館に5回も行くはめになったのを覚えています。

科学的な根拠はなくても、なぜか肝心な時に雨に降られてしまう残念な人。

もしかすると、雨降り花を摘んでしまったからかもしれません。

 

雨降り花はその名の通り「花を摘むと雨が降る」という言い伝えがある花の総称です。

四つ葉のクローバーでお馴染みシロツメクサやヒルガオなどがそれにあたります。

そんなちょっぴり残念なお花は、春から初夏にかけてが見頃。
赤レンガパークや象の鼻パークにはシロツメクサが、

横浜税関の傍にはヒルガオが咲いています。

シロツメクサは摘んで花冠を作ったりしますが、雨に降られたくなければ、

見るだけにしておいた方がいいかも。

 

(気象予報士・多胡安那)

検索