mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.12.07

飛行機という20世紀の一大発明が私たちに与えた影響について、美術の視点からみていく展覧会

 

(TOP画像)川端龍子《香炉峰》1939年、紙本着色、大田区立龍子記念館蔵 

 

※この度緊急事態宣言が発令されたことを受け、横須賀美術館(谷内六郎館・ミュージアムショップ・レストラン アクアマーレ)は1月12日(火)から当面の間休館いたします。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。
再開につきましては、横須賀美術館HPをご確認ください。

 

本展では、飛行機という20世紀の一大発明が私たちに与えた影響について、美術の視点から見ていきます。それまでになかったスピードや、空中感覚を経験させる飛行機は、人々のヴィジョンにも少なからず変化を与えました。 また、機械としての洗練された機能美は、新しい時代にふさわしいモチーフとしての魅力に満ちています。
いっぽう、悲しむべき必然として、飛行機は早くから戦争に利用されてきました。近年研究が進められている戦争記録画にも、その姿は多く登場しています。
現代の私たちにとって、飛行は必ずしも特別な体験ではなくなってきています。本展は、飛行へのあこがれと驚きのあった時代の絵画や資料を通じ、飛行機が私たちにもたらした光と影について、あらためて考える機会となるでしょう。

 


恩地孝四郎《空旅抒情1 離陸》1938年、木版、千葉市美術館蔵 

 

 


久保克彦《図案対象(第三画面)》1942年、紙本着色 コラージュ 箔 霧吹等、東京藝術大学蔵

 

 


中村研一《北九州上空野辺軍曹機の体当りB29二機を撃墜す》
1
945年、油彩・キャンバス、東京国立近代美術館(無期限貸与作品) 

 

ヒコーキと美術
[会期]2021年2月6日(土)〜4月11日(日) 10:00~18:00
※休館日:3月1日(月)、4月5日(月)
※2月14日(日)は無料観覧日
[会場]横須賀美術館
[観覧料]一般¥1,000、高大・65 歳以上¥800、中学生以下無料
*高校生(市内在住・または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1 名様は無料
[主催]横須賀美術館
[問い合わせ]046-845-1211(横須賀美術館/10:00~18:00)
[URL]https://www.yokosuka-moa.jp/

 

SPOT INFO

横須賀美術館

三浦半島の東端、風光明媚な観音崎の地に建てられた美術館。年間6回の企画展の他、所蔵品展では日本の近現代美術作品を、別館の谷内六郎館では日本の昭和を描いた作家・谷内六郎の作品を、展示替えしながら紹介している。自然豊かな環境と、ユニークな建築、東京湾を眼前に望み、絶景美術館にも選ばれた抜群の眺望が魅力。地元の食材を使ったイタリアンが楽しめるレストラン、ミュージアムショップなど併設施設も充実している。

〈アクセス〉京急線「馬堀海岸駅」より京急バス「観音崎行き」乗車、「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分

 

  • ショップ・スポット名
    横須賀美術館
  • 住所
    神奈川県横須賀市鴨居4-1
  • 営業時間
    【開館時間】10:00~18:00 【休館日】毎月第一月(ただし、祝日は開館)、12/29~1/3、他臨時休館
  • 駐車場
    120台(大型バス5台、二輪車7台) 展覧会ご観覧の方は1時間無料、障害者手帳をお持ちの方は減免(バス等大型車両を除く)
  • 料金
    【観覧料】所蔵品展 一般¥380、高大生・65歳以上¥280(企画展は展覧会により異なる)中学生以下無料および高校生(市内在住在学に限る)は無料、また障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料 
  • ペット
    障害のあるお客様は、補助犬を伴うご入館が可能です。
  • URL
検索