mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.12.04

ヨコスカアートセンター初の企画展は、日本画家の「兼若和也展 “鬼”」

 

神奈川県横須賀市にオープンした「ヨコスカアートセンター」は横須賀市が主催する商店街や地域の空き店舗を活用し地域のコミュニティを活性化する事業「まちの寄事業」に選出され設立されました。活動理念には”芸術家とは何か”と伝えると同時に、多様な芸術と接する場として展覧会・ワークショップなどの芸術を介した地域交流の創造を目指しています。

ヨコスカアートセンターではオープン後、初の企画展として、日本画家 兼若和也における「兼若和也展 “鬼”」を開催します。この企画展はシリーズ「By Artist ー This is a fiction.」として、芸術家の作品制作・発表と同時並行して、その芸術家のドキュメンタリー映像の制作と配信を行うプロジェクトとなっています。

この映像制作は、ヨコスカアートセンターを主催する越中正人自身のアートプロジェクトとなり、出演している芸術家にとって、映像内で制作されている作品の完成がヨコスカアートセンターでの展示となります。このドキュメンタリー映像には実際の展示風景まで加わるため、「映像オンライン展覧会」として、直接当センターに来れない方にも展覧会を楽しんで頂くことを目指し、コロナ禍での一つの新たな展覧会の形として提供していきたいと考えています。そして、奇しくもコロナ禍でのこれまでとは類を見ない芸術家の制作体験を記録することは後世に伝える必要性は十二分にあると考え、本プロジェクトを実行していきたいと考えています。本プロジェクト「By Artist ー This is a fiction.」は神奈川県の文化芸術活動再開加速化事業補助金を受けて実施しています。

企画展シリーズ第1回目の兼若和也は1971年生まれ、1994年に京都市立芸術大学日本画学科卒業。大手百貨店や主に京都市内の画廊、美術館での個展やグループ展で作品を発表してきました。近年、活動は海外まで拡がり、2008年にはニューヨークのDillon Galleryでの展覧会に出展しています。2016年には京都駅にある美術館「えき」KYOTOに出展し、国内外から高い評価を得ている芸術家です。

本展では、兼若が新たに挑戦した題材”鬼”のシリーズを発表します。鬼は古来より人智を超えた異界の存在として畏怖されるとともに、「百鬼夜行絵巻」に代表されるように名だたる画家たちが取り組んできた題材です。兼若の本シリーズは、不安と不確実性、脆弱さがあらわになった現代世界の写し鏡として、あらためて鬼という存在を問い直すものです。

展覧会やヨコスカアートセンターについて、ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせください。

 

 

By Artist ー This is a fiction. 兼若和也展 “鬼”
[日時]12月10日(木)〜2021年2月26日(金)10:30〜19:30(木曜日は17:30まで)
※第2・第4木曜日・金曜日・土曜日は予約不要でご覧いただけ、休館日以外の他の日程は事前予約をお願いいたします。
予約先:info@yokosuka-ac.jp
※来訪日時・人数をお伝え下さい。人数制限により応じれない場合もございます。
[会場]ヨコスカアートセンター
[休館日]日曜日、月曜日、祝日
[料金]無料
[問合せ]https://www.yokosuka-ac.jp/

 

 

SPOT INFO

ヨコスカアートセンター

神奈川県横須賀市にある本施設は「ヨコスカアートセンター」としてオープンし、“芸術家とは何か”と伝えることを理念に持ち、多様な芸術と接する場として展覧会・ワークショップなどの芸術を介した地域交流の創造を目指しています。

  • ショップ・スポット名
    ヨコスカアートセンター
  • 住所
    神奈川県横須賀市上町2-3-11
  • 電話
    046-876-9272
  • 営業時間
    【開館時間】10:30〜19:30(木曜日のみ17:30まで)
    【休館日】日・月・祝日
  • クレジットカード
    可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Dineres Club)
  • 電子マネー
    可(楽天Edy、Apple Pay、交通系IC)
  • 駐車場
  • URL
検索