mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.10.15

「環境チャリティコンサート」第70回目はソプラノ歌手・雨谷麻世が登場!

 

96年から続けているチャリティコンサートの一環で、2002年からは環境省が後援に加わり、年に4回「環境チャリティコンサート」として主に「森と子供」に関するチャリティを行っています。今回はその「環境チャリティコンサート」第70回目となります。

 

 

~美しい地球は、私たちの心のハーモニーから~
環境チャリティ・コンサートvol.70
雨谷麻世
[日時]11月2日(月)18:30〜(18:00開場)
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール
[出演]雨谷麻世(ソプラノ)、林有三(ピアノ・編曲)、山成御治代(ヴァイオリン)、中北裕子(パーカッション)、ゆりがおか児童合唱団(合唱/友情出演)
[曲目]アメイジンググレイス、カッチーニのアベマリア、防人の詩、月の砂漠、ある晴れた日に(歌劇『蝶々夫人』)、コンドルは飛んで行く、ほか
[料金](全席指定)S席¥6,300、A席¥5,300、B席¥4,300
[チケット販売]
■Mayo Crystal Music TEL.045-866-1892
チケットぴあ(Pコード:186-846)
■ミューザ川崎シンフォニーホール TEL.044-520-0200
ミューザWebチケット
[主催]太陽の会
[問合せ]045-866-1892(Mayo Crystal Music)

 

 

SPOT INFO

ミューザ川崎シンフォニーホール

川崎市は長らく工業都市として国内の産業を支えてきましたが、産業構造が変化するなかで、川崎市が文化都市へと変貌していくシンボルとしてミューザ川崎シンフォニーホールは2004年に誕生しました。そして、世界有数の音響を誇ることが評価され、著名なオーケストラによる公演が行われる音楽の殿堂としての地位を確立するなど、川崎市が進める「音楽によるまちづくり」に貢献してきました。また、川崎市とフランチャイズ提携を結んだ東京交響楽団がミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地に日々のリハーサルも含めて活動し、日本のトップランナーとして音楽芸術の創造・発信を行っています。

ミューザ川崎シンフォニーホールは演奏家のポテンシャルを最大限に発揮する優れた音響環境を提供し、心を込めてホールに来るすべての方々をお迎えします。また川崎市を代表する文化拠点として、オーケストラならびに多様なジャンルの音楽家と手を携え、音楽文化の発信と交流の「座」となるホールを目指します。

 

(写真)©︎青柳聡

  • ショップ・スポット名
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 住所
    神奈川県川崎市幸区大宮町1310
  • 電話
    044-520-0100
  • URL
検索