mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.10.15

美術展、羊毛ビーズなどのワークショップ、コンサートにダンス公演まで!!

 

記念館を利用し活動している団体と個人を中心に一般公募も含め音楽、演劇、舞踏、講演、ワークショップの他、ギャラリーに於いて絵画、工芸、書などの展示を行います。また地域の商店街の協力も得て、地産野菜などの紹介販売なども行います。また会場へのアクセスケアとして、最寄りの大倉山駅周辺から会場まで送迎車を運行しています。

 

 

第36回 2020年 大倉山秋の芸術祭
〜記念館と利用者・地域とのふれあいを深めて〜
[日時]
〈美術展〉10月28日(水)〜11月1日(日)
〈イベント〉10月31日(土)〜11月1日(日)
[会場]横浜市大倉山記念館(9:00〜22:00)
※イベントによって開催時間が異なります。
[料金]無料(イベントによっては有料の場合があります)
[主催]大倉山秋の芸術祭実行委員会
[共催]横浜市大倉山記念館
[問合せ]akigei2017@gmail.com(大倉山秋の芸術祭実行委員会)
※コロナ禍の中の開催において、皆様と楽しい時間を共有するために主催者、出演者、ご来場いただく皆様に下記の内容を守っていただきたいと考えております。ご理解とご協力をお願いいたします。
①大倉山記念館にご来館の際は必ずマスクを着用してください。
②体調の悪い方、発熱のある方はご来場をご遠慮ください。
③コンサートなどの発表の際、会場に飛沫防止シートを設置いたします。
④ご来場の際はLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート【神奈川県】」にご登録いただくかお名前とご連絡先の明記をお願いします。
※本年は喫茶コーナーの設置、お弁当・お菓子の販売はいたしません。

 

 

SPOT INFO

横浜市大倉山記念館

実業家で後に東洋大学学長を務めた大倉邦彦(1882-1971)により昭和7年(1932)「大倉精神文化研究所」の本館として創建されました。昭和56年(1981)横浜市が寄贈を受け、大改修のうえ建物の保存を図るとともに、昭和59年(1984)横浜市大倉山記念館として生まれ変わり、平成3年(1991)には横浜市指定有形文化財に指定されました。開館以来、1万人以上の入場者を集める「大倉山秋の芸術祭」、こどもの日にちなんだ「こどもフェスティバル」、12月の「小さな丘のメリークリスマス」、など地域に密着した催し物が多数行われる文化施設として市民に親しまれています。また、ギリシャ神殿様式のピロティー、昭和初期の雰囲気を残す第5集会室、神社建築の木組みを取り入れたホール、エントランスなど、映画やテレビのロケ地としても数多く活用されています。

  • ショップ・スポット名
    横浜市大倉山記念館
  • 住所
    神奈川県横浜市港北区大倉山2-10−1
  • 電話
    045-544-1881
  • 営業時間
    9:00〜22:00(利用申込受付時間9:00〜21:00)
  • URL
検索