mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.09.28

阿倍仲麻呂の見た盛唐の様子を同時代の詩人たちの詩を通して読み解く!

 

県下の漢詩愛好会の交流・研鑽の場として、「漢詩を学ぶ、漢詩で遊ぶ」をモットーに活動しています。11月18日(水)には、神奈川近代文学館にて漢詩講演会「阿倍仲麻呂と唐詩人」を開催。

阿倍仲麻呂は七一七年に遣唐使に随行して、唐に渡ります。玄宗皇帝のもと、唐王朝は盛唐という最も華やかな時代を迎え、王維や李白、杜甫など錚々たる詩人たちとともに、仲麻呂はその繁栄と凋落とを当事者の一人として目の当たりにしました。仲麻呂の見た盛唐の様子を、同時代の詩人たちの詩を通して見ていきたいと思います。漢詩愛好家の皆さん、どうぞお気軽にご来場ください。

 

 

漢詩講演会
「阿倍仲麻呂と唐詩人」
[日時]11月18日(水)14:00〜16:00
[会場]神奈川近代文学館 ホール
[定員]110名
[料金]無料
[主催]神奈川県漢詩連盟
[後援]神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、鎌倉市
[問合せ]046-233-7641(神奈川県漢詩連盟)
[URL]http://www.shinkanren.sakura.ne.jp
※入場の際、緊急時連絡先をご記入いただきます。
※定員を超えた場合には入場をお断りします。

 

 

SPOT INFO

神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川近代文学館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00
  • URL
検索