mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.09.27

国の重要文化財〈横浜 三溪園〉で、谷保玲奈の日本画&映像作品を展示

 

(TOP画像)共鳴 Resonance 2018

 

谷保玲奈(たにほ・れいな)日本画作品、映像作品の展示。3.8mの大作二点を室町時代に建てられた重要文化財にて発表。事前制作の映像作品を投影し、時間をテーマに発表。新時代突入における平面絵画鑑賞方法を模索。

神奈川拠点に横須賀市在住の谷保が自身の作品と場所をリンクさせながら作品の「時間の経過」と「日常の必然性」をテーマに新作と新しい試みである動画作品を発表。コロナ禍における新時代突入への挑戦。

 


ウブスナ Ubusuna 2017

 

谷保玲奈「蒐荷」予告動画はこちら

 

 

谷保玲奈 “蒐荷 syu-ka” 横浜三溪園
[日時]11月26日(木)〜29日(日)9:00〜17:00
[会場]三溪園 旧燈明寺本堂
[料金]無料(別途、三溪園入園料〈一般¥700)がかかります。)
[問合せ(メール)]info@reinataniho.com
*公式サイトはこちら
*展覧会は神奈川県文化芸術活動再開加速化事業補助金の対象です。

 

 

SPOT INFO

三溪園

横浜を支えた産業、生糸貿易で財をなした原 三溪によって、本牧三之谷につくられた日本庭園。園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔などは、重要文化財に指定されています。原氏は、実業家としてだけでなく美術に造詣が深く、新進気鋭の芸術家の支援・育成にも力を注ぎました。横山大観、下村観山、前田青邨などの大家の作品もここで生まれました。梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られ、外国人にも人気が高い名園です。

  • ショップ・スポット名
    三溪園
  • 住所
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話
    045-621-0634
  • 営業時間
    9時〜17時(入園は閉園の30分前まで)
  • URL
検索