mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.09.29

関川航平の作品をめぐる身体とことばの「距離」について考える

 

(TOP画像)「強く移動する」2018 |パフォーマンス
photo:Katsuhiro Ichikawa
Courtesy of SPIRAL/Wacoal Art Center

 

*ご来館にあたり「施設の最新状況」をご確認ください。

 

2020年度の企画展「あざみ野コンテンポラリーvol.11 関川航平 今日」の連携企画として、木下知威さん(日本社会事業大学 社会福祉学部)を講師にお迎えするこの講座では、関川航平によるパフォーマンス作品をめぐる身体とことばの「距離」にフォーカスします。木下さんは、関川の作品の特徴として「身体と文字・音声の距離を動かすことによって、不安定さがつくりだされている」ことを指摘しています。この「不安定」という概念で、関川のこれまでの空間・時間の中でことばを考えることをベースにした表現活動や、新作パフォーマンスについて考えます。

 


「強く移動する」2018 |パフォーマンス
photo:Katsuhiro Ichikawa
Courtesy of SPIRAL/Wacoal Art Center

 

あざみ野カレッジ
あざみ野コンテンポラリーvol.11連携企画
「身体とことばの不安定さについて―関川航平の方法」
[日時]10月24日(土)14:00〜16:00
[会場]横浜市民ギャラリーあざみ野 3Fアトリエ(2F展示室に変更の場合があります)
[講師]木下知威(日本社会事業大学 社会福祉学部)
[ゲスト]関川航平(あざみ野コンテンポラリー出品作家)
[対象]高校生以上
[定員]30名程度
※申込先着順、定員に達し次第参加受付を終了します。
[参加費(当日支払)]あざみ野カレッジ学生¥500、一般¥1,000
※学生登録をお勧めします(どなたでも、登録無料)。登録当日から学生料金で講座に参加できます。
[情報保障コーディネート]手話マップ
※手話通訳、文字通訳あり。
[申込方法]「あざみ野カレッジ」の講座申込みフォームよりお申込みください。
※手話通訳等をご希望の方は、申込みフォーム内の「質問・相談欄」にその旨記入してください。
※受付完了後に「受付確認メール」(自動返信)をお送りします。届かない場合はご連絡ください 。
[主催]横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
[問合せ]045-910-5656(横浜市民ギャラリーあざみ野)
※「あざみ野カレッジ学生証」について、ほか詳細は横浜市民ギャラリーあざみ野のイベントページでご確認ください。

 

 

SPOT INFO

横浜市民ギャラリーあざみ野

横浜市民ギャラリーあざみ野はジャンルを超えた「創造性溢れる表現活動」を幅広く育み、創造性を介して人と人とが交流することのできる、市民と創造活動の出会いの場をつくることを目的としています。展示室やアトリエを管理運営し市民利用の場として提供するほか、年に4回の自主企画展や、子どもや市民向けのアトリエ講座、コンサートなども企画実施しています。

 

(写真左から)
外観(撮影:藤本氏)/展示室/アトリエ

  • ショップ・スポット名
    横浜市民ギャラリーあざみ野
  • 住所
    神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
  • 営業時間
    休館日:毎月第4月曜日、年末年始、施設点検日
検索