mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.08.12

夏休みの工作のヒントにもなる作品がたくさん展示!

 

(TOP画像)「陸」と「海」の夏の風景を表現 シルク博物館提供

 

シルク博物館では、夏休みの小学生の皆さんに楽しんでいただくため、8月1日より正面エントランスのステージに、「夏休み」をテーマにした繭クラフトの作品を夏の期間限定で展示しています。

作品制作に使用した繭の総数は約1,300粒で、繭をそのまま使用するだけでなく、他に繭を煮て柔らかく伸ばした「真綿」や、繭から作られた美しい絹糸や絹の生地、さらにはかいこが繭を作る際に足場として吐き出した糸を集めた「毛羽」も使用し、楽しい夏の風景を表現しています。

また、展示のどこかには新型コロナウイルスの収束を願い話題となった「アマビエ」の姿も隠れています。

夏休みの工作のヒントにもなる作品がたくさん展示されていますので、ぜひお楽しみください。

 


「毛羽」を使用した風鈴 シルク博物館提供

 


絹糸を使用した夏野菜 シルク博物館提供

 


展示のどこかには「アマビエ」の姿も シルク博物館提供

 

ー夏の期間限定展示ー
「夏休み」をテーマにした繭クラフトの作品展示
[展示期間]開催中~9月30日(水) 9:30~17:00(入館は16:30まで)
[展示場所]シルク博物館 正面エントランスのステージ
[休館日] 月曜日(祝日の場合は翌日)、8月30日(設備点検休館)、12月28日~1月4日、臨時休館有り
[入館料] 一般¥500 65歳以上/大学生¥300 高校生/小・中学生¥100
[問合せ]045-641-0841(シルク博物館)

※新型コロナウイルス感染症予防対策を講じた上での開館となっています。
そのため、ワークショップや実演、はた織りや糸繰り体験、触る展示等を8月31日(月)まで中止としています。
その他、予防対策の詳細はシルク博物館HPをご覧ください。

 

SPOT INFO

シルク博物館

シルク博物館では、絹の科学や技術の理解を深めるとともに、絹服飾の工芸美の鑑賞の場の提供などを行っています。特別展など、さまざまな展示や講習会の開催などを通じて、絹の需要の促進に努めています。

  • ショップ・スポット名
    シルク博物館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町1 シルクセンター2F
  • 電話
    045-641-0841
  • 営業時間
    9:30〜17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4) ※臨時休館あり 
  • 料金
    一般500円、シニア(65歳以上)/大学生300円、高校生/小・中学生100円
  • URL
検索