mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.04.03

【延期予定】文芸評論家・勝又浩が登壇、三浦哲郎の文学について語る!

 

*神奈川近代文学館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年8月31日(月)まで全館臨時休館となります。6月27日(土)に開催を予定しておりました「三浦哲郎展記念講座 三浦哲郎―家霊を負った人―」は、開催延期(予定)となりました。詳細は《こちら》でご確認ください。

 

神奈川近代文学館で5月23日(土)から7月19日(日)まで開催される企画展・収蔵コレクション展19「没後10年 三浦哲郎展―星をかたりて、たれをもうらまず―」の関連イベントとして、文芸評論家の勝又浩氏が講師を務める記念講座が開催されます。事前申込制となりますので、お早めにお申込みください。

 

《企画展・収蔵コレクション展概要》
企画展・収蔵コレクション展19
「没後10年 三浦哲郎展―星をかたりて、たれをもうらまず―」
[日時]5月23日(土)〜7月19日(日)9:30〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]神奈川近代文学館 第2展示室
[料金]一般¥500、65歳以上・20歳未満および学生¥250、高校¥100、中学生以下無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)。
[主催]県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
[問合せ]045-622-6666(神奈川近代文学館)

 

三浦哲郎展記念講座
三浦哲郎―家霊を負った人―
[日時]6月27日(土)13:30〜(13:00開場)
[会場]神奈川近代文学館 展示館2F中会議室
[講師]勝又浩(文芸評論家)
[定員]60名
[料金]一般¥600、友の会会員¥300(事前申込制)
[申込方法]電話(045-622-6666)でお名前・電話番号をお知らせください。先着順で定員になり次第締め切ります。料金は当日お支払いください。
[主催]神奈川県立神奈川近代文学館
[問合せ]045-622-6666(神奈川近代文学館)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※当講演会に参加された方は、6月27日に限り展示観覧料が無料になります。

 

 

SPOT INFO

神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • ショップ・スポット名
    神奈川近代文学館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00
  • URL
検索