mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Event
2020.02.22

画家・長沢明 初の大規模個展 

 

(TOP画像)長沢明《Mountain Ⅱ》2007年、個人蔵

 

新潟に生まれた長沢明は、東京藝術大学大学院を修了後、TAMON賞大賞を受賞し渡米。帰国後、横須賀にアトリエを構えました。現在は山形を拠点にし、東北芸術工科大学で教鞭をとりながら旺盛な制作を続けています。

1994年頃より「祈り」を象徴的に表現したイコンシリーズで活動を本格化させ、1997年には五島記念文化賞の美術新人賞を受賞し渡英すると、帰国後は「本」そのものを土で封じこめる「土本」シリーズや、本を粉砕し再構築する「BOOK」シリーズを発表します。2003年頃からは代表的なモチーフとなるトラを画面に大きく描き、徐々に神格化され、近年は物語性が強く明るい色彩の絵画へと展開しています。

本展は各時期の代表作や巨大な《マントラ》、インスタレーション、新作を加えてご紹介する、長沢明初の大規模個展となります。

 


長沢明《トララララ・・・》2008年、塚﨑雅雄氏蔵

 


長沢明《BOOKSTONE》1999年、平綿敏郎氏蔵

 

企画展
長沢明展 オワリノナイフーケイ
[会期]開催中~4月12日(日)10:00~18:00
※休館日:3月2日(月)、4月6日(月)
[会場]横須賀美術館
[観覧料]一般¥900、高大・65歳以上¥700、中学生以下無料
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料
[主催]横須賀美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
[協賛]ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
[協力]ガレリア・グラフィカ
[制作協力]フォーティス、三省堂印刷、東北芸術工科大学
[TEL]046-845-1211(横須賀美術館/10:00~18:00)

※長沢明展の図録発行は2月末日を予定しています。発売日が確定し次第、HPでお知らせします。

 

《企画展関連イベント》

【長沢明によるアーティストトーク】
[日時]2月29日(土)14:00~(1時間程度)
[場所]横須賀美術館ワークショップ室、企画展示室
[対象]どなたでも
[定員]70名(当日の企画展観覧券が必要です)
[参加方法]申し込み不要。参加希望の方は、直接ワークショップ室にお越しください。

【金箔銀箔でキラキラコラージュをつくろう!】

講師で出品作家の長沢明さんは、様々な素材を使って作品制作をしていますが、日本画に特有の材料である「金箔」や「銀箔」を用いて画面を作り上げます。 今回は、なかなか普段目にしたり使用することのない「金箔」や「銀箔」を使い、雑誌の切り抜きなども組み合わせて自分だけのコラージュ作品をつくります。また作り終わった後は作品を持ち帰っていただきます。

[日時]3月15日(日) 14:00~16:00
[場所]横須賀美術館ワークショップ室、企画展示室
[講師]長沢明(出品作家、現代美術家)
[対象]5歳から小学生(保護者同伴)
[定員]抽選20名
[参加費]1人 ¥1,000
[参加方法]事前申込制
参加希望の方は、希望回、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかメールで「金箔銀箔WS」係までお申し込みください。3月1日(日)必着
[託児サービス]
託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。(応募多数の場合は抽選5名)
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、申込時にご相談ください。

 

SPOT INFO

横須賀美術館

三浦半島の東端、風光明媚な観音崎の地に建てられた美術館。年間6回の企画展の他、所蔵品展では日本の近現代美術作品を、別館の谷内六郎館では日本の昭和を描いた作家・谷内六郎の作品を、展示替えしながら紹介している。自然豊かな環境と、ユニークな建築、東京湾を眼前に望み、絶景美術館にも選ばれた抜群の眺望が魅力。地元の食材を使ったイタリアンが楽しめるレストラン、ミュージアムショップなど併設施設も充実している。

〈アクセス〉京急線「馬堀海岸駅」より京急バス「観音崎行き」乗車、「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分

 

  • ショップ・スポット名
    横須賀美術館
  • 住所
    神奈川県横須賀市鴨居4-1
  • 営業時間
    【開館時間】10:00~18:00 【休館日】毎月第一月(ただし、祝日は開館)、12/29~1/3、他臨時休館
  • 駐車場
    120台(大型バス5台、二輪車7台) 展覧会ご観覧の方は1時間無料、障害者手帳をお持ちの方は減免(バス等大型車両を除く)
  • 平均利用額
    【入館料】所蔵品展 一般310円、高大生・65歳以上210円(企画展は展覧会により異なる) 中学生以下無料および高校生(市内在住在学に限る)は無料、また障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
  • ペット
    障害のあるお客様は、補助犬を伴うご入館が可能です。
  • URL
検索