mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Art&Culture
2018.12.13

日本庭園「三溪園」で茶道体験<茶席・望塔亭>

「三溪園」は、明治時代末から大正時代にかけて財をなした横浜の実業家・原三溪が造り上げた日本庭園です。175,000㎡の広大な敷地には、京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物が点在。春の桜、秋の紅葉をはじめ、四季折々の自然とみごとに調和した景観が楽しめます。

園内中心付近の三溪記念館のロビーにある「茶席・望塔亭」では、気軽に本格的なお点前での抹茶がいただけます。茶道の伝統や文化についても丁寧に説明してくれるので、まったくの未経験でも、気軽に体験できます。

「立札」と呼ばれるイス席なので、正座ができなくても大丈夫。お庭の景色を眺めながら、ゆったりとした気持ちで味わえます。

*料金:1服500円(お茶菓子付き)

SPOT INFO

三溪園

横浜を支えた産業、生糸貿易で財をなした原 三溪によって、本牧三之谷につくられた日本庭園。園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔などは、重要文化財に指定されています。原氏は、実業家としてだけでなく美術に造詣が深く、新進気鋭の芸術家の支援・育成にも力を注ぎました。横山大観、下村観山、前田青邨などの大家の作品もここで生まれました。梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られ、外国人にも人気が高い名園です。

  • ショップ・スポット名
    三溪園
  • 住所
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話
    045-621-0634
  • 営業時間
    9時〜17時(入園は閉園の30分前まで)
  • URL
検索