mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

喜劇的アートとは? 「舞台」が生み出す「笑いの渦」を体感せよ

 

「かりんとうばんぱく」は、主宰である、はらだかずとみ。を中心とし、2017年に発足された喜劇的アートプロジェクトです。これまでには野外公演、映像作品を発表しており、2018年3月に劇場公演という形で旗揚げをしました。そんな「かりんとうばんぱく」が、早くも5月24日(木)〜27日(日)の4日間にわたり第2回公演を行います。

前作「R侵食する幸福論。」では、奇抜な脚本構成とちりばめられたユーモアが観客を魅了し、その斬新さは演劇実験とも称されました。横浜の地に揚がった旗を大きくたなびかせるほど、劇場に巻き起こった笑い声。…今作の「ミクロ経済から考察する動物行動学。」でもその本領を発揮し、お笑いでも、映像でもなく「舞台」が生み出す笑いの追求を続けます。

——————————————————-

○あらすじ○
巡り逢ったその日から。微笑み合って、競い合っていた彼等は、それぞれの道を探し行く中で、いつの間にか変わっていく。その姿に戸惑うこともあるけれど、やっぱり僕は、ひとりぼっちじゃ何もできない。もし、運命の神様がいるのなら、僕は、あなたが大嫌いです。きっと、想像もできない未来で、また笑い合える日々を信じて。

——————————————————-

 

 

マグカルシアター参加作品
かりんとうばんぱく 第2回博覧会
「攻進」ミクロ経済から考察する動物行動学。
[日時]5月24日(木)19:30〜、25日(金)12:00〜、26日(土)12:00〜・15:30〜、27日(日)13:00〜
[会場]神奈川県立青少年センター2F多目的プラザ(HIKARI)
[作・演出]はらだかずとみ。
[出演]相川由衣、新井収、大久保咲菜、北澤優香、原田和実、義村優
[料金]一般¥2,000、学生¥1,500(初日割¥200引き/複数人割〈2名以上〉1人あたり¥300引き)
※複数割りは予約して頂いた方に限ります。 ※割引は併用可能です。
[チケット販売]http://stage.corich.jp/stage/91764/ticket_apply
(代金清算やチケットのお渡しは当日受付で行っております。)
[主催]神奈川県・かりんとうばんぱく
[TEL]090-6177-3926
[MAIL]banpaku.karintou@gmail.com

県立青少年センターは、青少年の健全な育成を図り、あわせて県民の教養の向上に資するための施設として、青少年施策の総合的な展開、舞台芸術の振興のために、次の4つの柱で事業に取り組んでいます。
1.青少年の体験活動を推進する人材の育成
2.青少年のひきこもり、不登校や非行等への対応
3.青少年の科学体験活動の促進支援
4.青少年や県民の活発な舞台芸術活動支援

 

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立青少年センター
  • 住所
    横浜市西区紅葉ヶ丘9-1
  • 電話
    045-263-4400
  • 営業時間
    9:00〜17:00 ※青少年サポートプラザは、9:00〜21:00まで(日曜日は17:00まで)※ホール、多目的プラザ、練習室、楽屋は(受付窓口を除き)9:00〜22:00まで 【休館日】年末年始(12/28〜1/4)※但し、青少年サポートプラザ、青少年資料室、演劇資料室、科学体験室、科学情報室は、毎週月曜日も休館します。
  • URL

関連記事

  • 世界最古の映画制作会社「Gaumont」って知ってる?(YCC)

    開催期間:2018/06/27〜2018.07.06
  • 新・多目的スペースKosha33で、五大路子主演の読み芝居開催

    開催期間:2018/05/29〜2018.05.29
  • 風変わりな編み物作品 「へんなあみもの」に会いに行こう

    開催期間:2018/05/30〜2018.06.03
  • 世界初演! 横浜能楽堂×台湾の国光劇団が挑む新作「繍襦夢」

    開催期間:2018/06/17〜2018.06.17