mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

茅ヶ崎市美術館 ー ふれてみて きっと聴こえる いしのこえ

(TOP画像)photo:Kenji Kagawa

 

アートユニットMATHRAX(マスラックス)と茅ヶ崎の中学生によるコラボレーション作品「いしのこえ」が、「HAPTIC DESIGN AWARD 2017」の優秀作品に選ばれました。これを記念し、多くの皆様にご覧いただくため特別展示をいたします。


photo:Kenji Kagawa

 

世界20カ国、117点の応募作品の中から選ばれたこの作品は、2016年の夏に当館で開催した企画展「じぶんのまわり ー耳でながめて 目でかいで 鼻でふれて 手できいてー」において制作されたものです。MATHRAXが普段から制作に用いている電気の力によって、石と身体と世界との接続を試みた意欲的な作品です。長い年月をかけて海岸にたどり着いた様々な石、その石にそっと触れることで奏でられる音を聴く。それは、これまで自分が捉えていた世界の認識が揺さぶられるような、ちょっと不思議な体験となることでしょう。

 

【作品「いしのこえ」について】
人のネイティブアメリカンが厳しい自然の中で生き延びるための修行を続け、石の声が聴けるようになったという実話からインスピレーションを得て作られた作品。茅ヶ崎市立松林中学校と茅ヶ崎市立西浜中学校の美術部の生徒とともに、電子工作ワークショップ「石の声を聴くにはどうしたらいいんだろう?」で制作したものがベースになっている。

【HAPTIC DESIGN AWARDについて】
人間の五感のひとつである「触覚(HAPTIC)」にフォーカスし、身体を通じて自己と世界をつなぐ新たなデザイン分野で優れたクリエイティブ作品やプロジェクトに授与される世界的なデザイン賞。

 


photo:Yoshiko Kawano

 


photo:Yoshiko Kawano

 

特別展示 MATHRAX(久世祥三+坂本茉里子)
いしのこえ
[日時]5月20日(日)〜7月1日(日)10:00〜18:00(最終入館17:30)
[会場]茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
[休館日]月曜日
[料金]無料
[主催]公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
[協力]茅ヶ崎市立西浜中学校、茅ヶ崎市立松林中学校
[TEL]0467-88-1177(茅ヶ崎市美術館)
[URL]http://www.chigasaki-museum.jp

 

関連イベントもチェック!!
■アーティストトーク「自分の感性で新しい世界を見つけるには?」
[日時]6月17日(日)14:00〜
[会場]茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
[出演]MATHRAX(マスラックス)久世祥三+坂本茉里子
[料金]無料(申込不要)

■ティーチャートーク 「アーティストと生徒が作品を創り出すことについて」
[日時]6月24日(日)14:00〜
[会場]茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
[出演]山本幹雄(茅ヶ崎市立松林中学校 教員)
[料金]無料(申込不要)

■キュレータートーク
[日時]①5月30日(水) ②7月1日(日)各日14:00〜(20分程度)
[会場]茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
[内容]担当学芸員による作品解説
[料金]無料(申込不要)

温暖な気候に恵まれた茅ヶ崎は、多くの芸術家や文化人に別荘地や保養地として愛されてきました。彼らは、この恵まれた環境の中で精力的に活動し、優れた作品を多く残しています。茅ヶ崎市美術館は、これら郷土ゆかりの美術家や作品を展覧会などで広く紹介するほか、市民の創作活動を応援する施設として1998年4月に開館しました。美術館が建つ高砂緑地公園は、かつてはオッペケペー節で知られる明治時代の新派俳優、川上音二郎・貞奴夫妻の居宅や実業家・原安三郎の別荘でしたが、今も往時の景観を良く残しています。四季を通して緑豊かな園内には本格的な日本庭園もあり、市内有数の観梅の名所として市民の憩いの場となっています。

  • ショップ・スポット名
    茅ヶ崎市美術館
  • 住所
    神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
  • 電話
    0467-88-1177
  • 営業時間
    (夏期:4〜10月)10:00〜18:00、(冬期:11〜3月)10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで。 【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日、翌々日が休館)、祝日の翌日(翌日が休日の場合はそれ以降の最初の平日)、年末年始(12/28〜1/3)、臨時休館日(保守点検や展示替え等をおこなう日)
  • 駐車場
    高砂通りに面した場所に美術館専用の駐車場があります(無料)。収容台数(10台、大型車不可)が少ないため、公共の交通機関をご利用ください。満車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。 大型車(長さ6m以上)はJR茅ヶ崎駅北側の市営駐車場をご利用ください。また、自転車やバイクでお越しの場合は美術館駐車場内の駐輪スペースをご利用ください。
  • URL

関連記事

  • 風変わりな編み物作品 「へんなあみもの」に会いに行こう

    開催期間:2018/05/30〜2018.06.03
  • 川崎市岡本太郎美術館で、写真を通して太郎の眼差しを追体験!

    開催期間:2018/04/28〜2018.07.01
  • ロダン大理石像《接吻》日本発公開! ターナー幻のヌードスケッチ公開!

    開催期間:2018/03/24〜2018.06.24
  • 初夏の葉山でアートに触れる。ブルーノ・ムナーリ日本最大の回顧展

    開催期間:2018/04/07〜2018.06.10