mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

音楽イベント「葉山アンビエント|the Ambient Surroundings in HAYAMA」

美術作品が何も展示されていない空っぽの美術館。すべて電子音で構成されたクインテットによる即興演奏が美術館の空間すべてを支配します。
各展示室にバラバラにインストールされた5人による電子音はオーディエンスを囲うように新しいアンビエント・ミュージックとして立ち上がってきます。また、渡辺敬之によるライティング、岩渕貞太によるパフォーマンスは、オーディエンスの動きと呼応するように即興的に変化し、その環境へと帰っていきます。
この場所を訪れたオーディエンスは、神奈川県立近代美術館 葉山の各展示室を動き回ることで各々響き渡る電子音のひとつひとつを繋ぎ止め、音楽として、環境として、サウンド作品に触れることができます。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 能舞台で、滅多に実現しない山田流と生田流…流派の異なる十七絃箏

    開催期間:2018.10.28
  • みなとみらい駅の“駅ナカ”でハイカラ時代の横濱体験♪

    開催期間:2018.10.28
  • 東京交響楽団、時代の寵児となったウルバンスキと約3年ぶりの共演!

    開催期間:2019.03.23
  • 横浜出身の名ヴァイオリニスト鈴木理恵子が送る、極上の室内楽

    開催期間:2018.11.24