mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

横浜能楽堂 普及公演 横浜狂言堂

主人に謡を所望されながらも、太郎冠者は「酒を飲まないと声が出ない」などと言って謡おうとしない「寝音曲」。連歌好きの男が金持ちの家に忍び込んで蜘蛛の巣にかかってしまう「蜘盗人」。聴きごたえある山本東次郎家の謡をお楽しみください。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 関内ホールで、立川談志18番目の弟子「立川談慶」の独演会

    開催期間:2018.11.02
  • 緩急自在の一之輔噺は、一度聞いたらやめられない!!

    開催期間:2018.09.27
  • 「能を知る会」の横浜公演、狂言「舟ふな」に野村萬斎が出演!!

    開催期間:2018.11.14
  • 落語ブームをしっかりと支える“市馬噺”は絶口調!!

    開催期間:2018.11.28