mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

企画 展「泥亀永島家の面影~永島家文書とその世界~」

江戸時代、金沢の入海の干拓を企て、6代にわたる努力の末に泥亀新田を完成させた永島家。そのルーツと不屈の努力、そして地元住民とのやりとりを伝える古文書が金沢文庫に残されています。本展示では、永島家文書を中心に、歴代当主の苦闘をたどり、金沢の風景の変遷をたどります。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 全国から多彩な力作が一堂に集う「神奈川県美術展」

    開催期間:2018.09.05〜2018.09.30
  • 日本画家・須藤和之が描く、四季を巡る風の風景に出会う

    開催期間:2018.10.22〜2018.11.02
  • この夏、横浜にモネがやってきた! あなたはモネのどこが好き?

    開催期間:2018.07.14〜2018.09.24
  • 油彩、水彩、墨絵にまで変容を遂げる画家・鈴木愛弓の作品を展覧

    開催期間:2018.09.19〜2018.09.29