mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

西田俊英展 忘るるなゆめ

卓越した描写力と力強い画風により、新たな日本画の世界を切り拓く西田俊英。
日本美術院の伝統を踏まえ品格ある画風を展開する西田は三重県伊勢市に1953年に生まれました。現在、日本美術院同人、評議員、広島市立大学名誉教授、武蔵野美術大学教授として日本美術院次代のホープとして注目を集める存在です。

西田は伊勢という恵まれた自然環境の中、鋭い感受性を存分に生かし、高校2年で春陽会に入賞、ヨーロッパで東洋美術に目覚め日本画に転向しました。武蔵野美術大学卒業作品は優秀賞を受賞するなど早くから才能を開花させ、奥村土牛、塩出英雄に師事し卒業と同時に日本美術院院友に推挙されました。その後山種美術館展優秀賞などを受賞。文化庁芸術家在外研修員として1年間インドに滞在し、深い洞察力により人物画に開眼しました。更に独自の宗教観から生まれる作品は日本美術院大観賞など多くの受賞を重ねました。

本展では、画業40年を超える西田俊英の代表作と最新作までを含め現代日本画壇にあり、傑出した品格を誇る西田俊英の全貌をご紹介致します。

―忘るるなゆめ 磨きゆくべし― 恩師塩出英雄の言葉を胸に詩情あふれる優美な世界と物語に包まれた夢幻の世界とを繊細精緻な筆致で描く約60点の作品をご高覧ください。

◇ イベント
10月22日(土)、29日(土) 各日午後2時から
作家によるギャラリートークとサイン会

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 未来のアーティストたちの力作の数々が神奈川県民ホールに!

    開催期間:2018.09.05〜2018.09.30
  • 彫刻の森美術館でコレクション展開催中! 彫刻の原点とは?

    開催期間:2018.03.07〜2018.10.28
  • モネだけじゃない!! 横浜美術館のコレクション展にも注目

    開催期間:2018.07.14〜2018.12.16
  • 絹や墨、岩絵の具…日本画の魅力を“色”をキーワードに探る

    開催期間:2018.11.29〜2019.03.25