mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

吉田 直 展「白に黒と赤」

日本の伝統技法である「寄せ木造り」によって木彫の人物像を制作している彫刻家 吉田 直の個展

寄木造りとは、平安時代に完成されたとされ、頭体部を二つ以上の木材を寄せ合わせ、最終的に一像に仕上げる技法の事である。制作中に個々の部材の内刳り(内部の空洞化)を施す事によって、木の割れ、狂いを止める事が出来ると共に、像の軽量化も実現する。その結果、重たいままではバランスがとれないような動的な彫刻表現も可能となる。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 《桜もみぢ》、《虫の音》など秋の情緒あふれる名作が並ぶ

    開催期間:2018.09.01〜2018.10.17
  • インドネシアの子どもたちが描く、イロトリドリの世界♪

    開催期間:2018.07.14〜2018.07.27
  • イサム・ノグチと岡本太郎の作品から探る「日本美」とは何か?

    開催期間:2018.10.06〜2019.01.14
  • 全国から多彩な力作が一堂に集う「神奈川県美術展」

    開催期間:2018.09.05〜2018.09.30