mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

旅する人びと ~東海道五十三次から世界へ~

旅に出たいという思いは今も昔も変わりありません。江戸時代は多くの庶民が伊勢参りなどの旅に出かけました。また、明治時代になると鉄道の開通によっていっそう気軽に旅することが可能となりました。本展では、江戸時代から昭和初期にかけての旅の様相を紹介します。当時の旅人が書き残した旅日記などから、具体的な旅の姿を展示します。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 馬の美術館で“馬と女性”の絵を集めた「猪熊弦一郎展」開催!!

    開催期間:2018.10.06〜2018.12.02
  • 【19】子どもたちとアートを「体験」する

  • 3名の作家を紹介。「新・今日の作家展」で現代美術の面白さを知る

    開催期間:2018.09.21〜2018.10.08
  • 絵画・書・工芸・写真「大倉山秋の芸術祭」で出展作品募集中!

    開催期間:2018.08.01〜2018.09.30