mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

第109回 川崎市定期能

昭和61年より開催されてきた川崎市定期能の第109回目。
客席数が148席のコンパクトな川崎能楽堂は、舞台と客席が近いため演者の息づかいが感じられるようです。ぜひ650年以上前から続く日本の伝統芸能「能狂言」を体感しにいらしてください。

第1部 12:30開場 13:00開演
【狂言】「呂蓮」 三宅右近(和泉流)
【能】 「巻絹」 角当行雄(観世流梅若会)

第2部 15:00開場 15:30開演
【狂言】「樋の酒」 三宅右近(和泉流)
【能】 「竹生島 女体」 梅若玄祥(観世流梅若会)

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 狂言「呂蓮」、能「清経」。ともに夫婦の姿を描いた演目で

    開催期間:2018.11.23
  • 柳家喬太郎、桃月庵白酒が関内ホールで豪華2席ずつ口演!!

    開催期間:2018.12.14
  • はじめてさんも楽しめる! 狂言2曲が解説付きで2,000円!

    開催期間:2018.11.11
  • 伝えていきたい。子どもたちが活躍する神奈川の民俗芸能☆

    開催期間:2018.09.30