mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

トリエンナーレ学校2017 vol.11 法と市民活動

トリエンナーレ学校2017冬・春期講座のテーマは「アートとまちをつなぐプレーヤーたち」。実践の場でアートとまちをつなげる取組を進めている方々の創造性に触れ、サポーター活動の可能性について考えます。そしてヨコハマトリエンナーレ2017開催に向けて、サポーター活動がまちとどのように関わり、発展していくかを共に考えます。トリエンナーレ学校2017 vol.11では、憲法学者の木村草太氏をお招きし、法律という視点から市民活動を捉えることで、今後の市民活動・市民協働の発展の方向性や、活動範囲の拡がりについて多面的に考えます。対象:特になし定員:200名募集選考方法:対象:特になし定員:200名申込方法:ウェブサイトの申込フォームにご入力頂くか、E-mailにて「氏名、電話番号、横浜トリエンナーレサポーターの登録の有無」を明記の上お申込ください。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 柳原良平アートミュージアム3/27OPEN!!

    開催期間:2018.03.27
  • 油彩、彫刻、写真、工芸…成熟した多彩な作品が会場を埋め尽くす

    開催期間:2018.11.06〜2018.11.11
  • 【18】非日常の空間でアートを「観る」

  • プロジェクターを使って“おもしろい自分”を描いてみよう

    開催期間:2018.10.27