mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

第7回乙女文楽公演

神奈川県川崎市にある人形劇団ひとみ座は、40年以上に渡り伝統人形芝居「乙女文楽」を伝承してきました。国内外での公演のほか、夏休みには地域の青少年を対象とした乙女文楽教室をはじめ川崎市内の高齢者施設や劇団の近隣にある川崎市立井田病院での公演、井田神社・秋の大祭での奉納公演など、地域に密着した活動も積極的に行ってきました。
今回の「乙女文楽公演」は、活動の拠点であるひとみ座スタジオから発信する公演の第7弾です。乙女文楽を川崎の芸能として地域の方々に親しんでいただくことを、そして後継者育成の場となることを目指し行っています。の演技者たちにとっては新たな挑戦の場となり、地域の方々にとっては乙女文楽の本格的な舞台を地元で観劇することで地域芸能として親しんでいただく機会となるよう開催します。

2010年よりひとみ座スタジオにて公演を重ねてまいりました「乙女文楽公演」を、今年も開催いたします!!
7回目となります本年は、「奥州安達原」袖萩祭文の段、「義経千本桜」道行初音旅の2つの演目を上演します。「奥州安達原」は、ひとみ座乙女文楽にとって初挑戦の新作となります。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • カッコイイ! 楽しい! 日本舞踊の新スタイル、無料で大公開!!

    開催期間:2018.11.30
  • 柳家喬太郎、桃月庵白酒が関内ホールで豪華2席ずつ口演!!

    開催期間:2018.12.14
  • 落語ブームをしっかりと支える“市馬噺”は絶口調!!

    開催期間:2018.11.28
  • 関内ホールで、立川談志18番目の弟子「立川談慶」の独演会

    開催期間:2018.11.02