mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

マリー・アントワネットとナポレオン皇妃ジョゼフィーヌが愛した宮廷画家 ルドゥーテの「バラ図譜」展

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759−1840)は現在のベルギー南部サンチュヴェールに生まれ、フランスで活躍しました。ルイ16世王妃マリー・アントワネットの博物蒐集室付画家として重用されます。フランス革命後はバラ栽培に情熱を傾けたナポレオンの皇妃ジョゼフィーヌが巨額な費用を投じて植物を育てたマルメゾン宮殿の植物調達係を兼ねた植物画画家となりました。ルドゥーテの植物画は繊細優美でありながら科学的にも正確であり、芸術としてだけでなく植物学上も大変貴重な資料となっています。
本展は169点の点刻彫版*1による多色刷り銅版画からなるルドゥーテの最高傑作作品集『バラ図譜』(1817-24)を中心に、貴重な大版の初期作品、世界的にも希少なヴェラム(犢皮紙:とくひ し)*2に描かれた原画作品を特別展示。『バラ図譜』制作200周年を記念し、現在も多くの人を魅了し続ける美しいボタニカルアートの世界をご紹介します。
*1点刻彫版法は線ではなく点の集合で陰影を表現する銅版画
*2子牛など動物の皮を加工して作られた紙

展示内容
《バラ図譜》(銅版画、1817-24年) 169点
《バラのブーケ》(水彩、1825年)
《赤のラナンキュラス、紫と黄色のパンジー花束》(水彩、1821年)
《アガヴェ・ユッカフォリオ(ユリ科植物図譜)》(水彩、1802〜16年)
ルドゥーテの描いた花をモチーフとして装飾されたチェンバロ ほか

関連イベント
■チェンバロ ミニコンサート
ルドゥーテの描いた花をモチーフとして装飾されたチェンバロを使用
演奏者:水永牧子(チェンバロ奏者)
日 時:4月16日(日)、23日(日)、29日(土)、30日(日)、
5月14日(日)、28日(日) 午後2時〜(約30分)
演奏者:水野直子(チェンバロ奏者)
日 時:5月3日(水・祝)、4日(木・祝)、5日(金・祝)
午後2時〜(約30分)
場 所:そごう美術館展示室内
協 力:八ヶ岳高原音楽堂

■特別講演会
「ルドゥーテとオールドローズの魅力ー心豊かな薔薇との暮らし」
講 師:後藤みどり
日 時: 4月22日(土)第1回:午後1時〜2時30分
第2回:午後4時〜5時30分
場 所:そごう美術館展示室内
定 員:各回60名(事前申し込み、先着順)
参加費:500円(消費税込、別途入館料が必要です)
『THE ROSE』コマツガーデンローズカタログプレゼント
参加方法:そごう美術館までお電話でお申し込みください。
電話045(465)5515(美術館直通)*定員に達し次第、締切ります。
講師プロフィール:バラ専門店『有限会社コマツガーデン』代表、社団法人
日本ルドゥーテ協会代表理事。山梨で有機栽培する良質な苗が好評で、
全国のバラ愛好家から支持されている。
著書に「はじめてのバラづくり12ヶ月」(家の光)ほか

■母の日特別企画 ワークショップ
『ルドゥーテの花~母の日に贈るローズアレンジ~』
講 師:藤田晃子
(フラワーデザイナー/Villefranche Floral International)
日 時:5月13日(土)第1回:午前11時〜12時30分
第2回:午後2時〜3時30分
場 所:そごう美術館展示室内
定 員:各20名(事前申し込み、先着順)
参加費:3,500円(消費税込、/花材込)本展招待券付
参加方法:そごう美術館までお電話でお申し込みください。
電 話:045(465)5515(美術館直通)*定員に達し次第、締切ります。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 歴史を刻む古材が、彫刻家・伊東敏光の手によって再構築

    開催期間:2018.08.01〜2018.08.12
  • 万人のアイドル“猫”がギャラリーを埋め尽くすニャー!

    開催期間:2018.07.30〜2018.08.10
  • 彫刻の森美術館でコレクション展開催中! 彫刻の原点とは?

    開催期間:2018.03.07〜2018.10.28
  • 奄美の自然を色鮮やかに。孤高の画家、田中一村の世界

    開催期間:2018.04.06〜2018.09.24