mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

献詠披講式(鶴岡八幡宮) (鎌倉市)

神前に和歌を献詠する古式ゆかしい神事。披講は平安時代より宮中に伝わってきた古式ゆかしい行事ですが、鎌倉時代の鎌倉においても源頼朝公が花見の宴を催した際に、管弦詩歌の儀を行ったという記述が『吾妻鏡』に見られ、また源実朝公に至っては歌集『金槐和歌集』を遺すほど和歌に精通し、文人将軍として知られています。
このような故事をもとに、鶴岡八幡宮では、春3月下旬、舞殿において「献詠披講式」が執り行われます。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 電動ロクロを使って、はじめてさんのための陶芸ワークショップ

    開催期間:2019.02.02
  • 12月の星空観察会、みんなで「すばる」を天体望遠鏡でみよう

    開催期間:2018.12.08
  • 11月の星空観察会、アンドロメダ銀河を天体望遠鏡でみよう

    開催期間:2018.11.03
  • こどもは宝探し、おとなは謎解き。彫刻の森美術館で挑戦!!

    開催期間:2018.04.26〜2018.12.31