mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

収蔵品展「作家と歩く鎌倉 その2 由比ガ浜・材木座方面」

鎌倉に訪れ、暮らし、そしてこの地を愛した文学者たちは、それぞれの鎌倉を作品に書きました。彼らの文学作品をとおし「鎌倉」を逍遥するシリーズ収蔵品展の第2回は、由比ガ浜・材木座方面の魅力を高浜虚子、与謝野晶子、武者小路実篤、芥川龍之介ら28人の目をとおし紹介します。

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 約3ヶ月間滞在制作をしてきたアーティストたちの作品を展覧

    開催期間:2018.10.06〜2018.11.25
  • 柳原良平が愛した、港・横浜港の船の作品を特集展示!

    開催期間:2018.07.16〜2018.12.24
  • 日本画の巨匠・小倉遊亀、モダンで明るく慈愛に満ちた作品約120 点

    開催期間:2018.10.06〜2018.11.18
  • 安井曾太郎と同時代を生きた画家たち…日本近代洋画の名品を紹介

    開催期間:2018.10.04〜2018.11.26