mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

日本郵船歴史博物館で明治150年記念特別講演会、開催(3)

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から満150年の年に当たります。政府が提唱する「明治の歩みをつなぐ、つたえる」趣旨に賛同し、日本郵船歴史博物館にて7月から9月にわたり3つの講演会が実施されます。

 

ラストとなる第3回目は、9月29日(土)に開催される「近代文化遺産としての船舶の保存と活用」。明治維新以降近代化を推し進める上で重要な役割を担った船舶を近代文化遺産として保存活用していく為に必要と思われることなどを氷川丸、日本丸などを例に挙げてお話しします。

 

明治150年特別講演会③
[日時]8月18日(土)14:00〜15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[講師]中山俊介((独)国立文化財機構 東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター長)
[定員]80名/要予約先着順
[料金]入館料のみ(一般¥400、中高生・シニア〈65歳以上〉¥250、障がい者手帳および特定疾患医療受給者証ご提示の方は無料〈含む介護者1名〉)
[TEL]045-211-1923(日本郵船歴史博物館)

近代日本海運の黎明期から今日に至るまでの近代日本の 海運史を、映像・写真・客船パンフレット・モデルシップなどでご紹介します。

  • ショップ・スポット名
    日本郵船歴史博物館
  • 住所
    横浜市中区海岸通3-9
  • 電話
    045-211-1923
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 女性ジャズ・フルート奏者Miyaによる「人生に効くジャズ」を♪

    開催期間:2018.08.24
  • モーツァルトの代表作「魔笛」ではじめてのオペラ体験を!

    開催期間:2018.08.12
  • パーヴォ・ヤルヴィ指揮、シューベルトの交響曲シリーズがスタート

    開催期間:2018.12.08
  • 巨大オーロラが ソレイユの丘に出現!

    開催期間:2018.08.10〜2018.08.19