mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

山手外交官の家で西洋の洋館を見学

横浜の名所の一つでもある山手。

古くから外国との懸け橋になった歴史ある地で、
この辺りには今でも、昔外交に使われていた立派な洋館が多数残っています。

そのような主な洋館は山手に7つありますが、今回は「山手外交官の家」へ。

この洋館は、昔ニューヨーク総領事などを務めた明治政府の外交官の一人が実際に使用していた建物。
明治時代から受け継がれ、平成に横浜の山手に移築復元し、国の重要文化財に認定されました。

洋館の中は見学することができ、当時の外交官の暮らしを体験できます。

また、お庭の綺麗さにも目を奪われます。
洋館のテラスには「ブラフガーデンカフェ」が併設され、この美しいお庭やみなとみらいを一望しながら
ゆっくりと一日を過ごすことができます。

横浜へ来たのなら、一度は山手の歴史を体感してみてはいかがですか?
お散歩がてら、レトロな横浜の雰囲気を体いっぱいに感じられます。

外交官の家

外交官の家は、ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などをつとめた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、東京渋谷の南平台に明治43(1910)年に建てられました。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。

建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。室内は1階に食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風の意匠とともに、アーツ・アンド・クラフツ(19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動)のアメリカにおける影響も見られます。

平成9(1997)年に横浜市は、内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復元し、一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。各展示室では、建物の特徴やガーディナーの作品、外交官の暮らし等についての資料を展示しています。また、付属棟には、喫茶スペースが設けられています。

  • ショップ・スポット名
    外交官の家
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山手町16
  • 電話
    045-662-8819
  • 営業時間
    9:30〜17:00(7・8月は18:00まで延長) ※喫茶ご利用時間は10:00〜16:00。 【休館日】第2水曜日(祝日は開館し翌日休)、年末年始(12/29〜翌年1/3)
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 2017年がスタート!今年の干支にまつわる旅

  • おいしいイタリアンディナーと目の前に広がる水平線と夕日に感動

  • ヴィンテージものを厳選! 隠れ家的、北欧雑貨屋さん

  • 海をモチーフにした広場へお出かけ