mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

カロテンたっぷりの「にんじん」レシピ

にんじんは、秋から冬にかけてが旬の緑黄色野菜。
今では一年中手に入る野菜ですが、甘味や栄養面からみると、やはりこの時季のにんじんが最もおいしいと言われています。
そんな身近な野菜である「にんじん」にはどんな魅力があるのでしょうか♪

にんじんには、一般的なオレンジ色の「五寸にんじん」(西洋種)や、おせち料理でお馴染みの「金時にんじん」(東洋種)のほか、沖縄で作られている黄色い「島にんじん」、更に紫色のものなど色々な品種があります。
また、新鮮なにんじんには葉がついていることがありますが、おいしくて栄養価も高いので、ふりかけや漬物など、用途を考えてぜひ活用してみてくださいね!


<機能的栄養>

にんじんには、カロテンが豊富に含まれています。このカロテンは、体内ではビタミンAに変換され、髪や皮膚や粘膜などを守る働きをすると言われています。
また、ビタミンAは油との相性が良いので、炒め物や揚げ物にも最適です。

<おいしいにんじんの選び方>
・オレンジ色が濃いもの
・表面に傷やひび割れがあまりないもの
・先が細くなりすぎていないもの
・切り口の軸が細く、茶色くなってないもの

<保存方法>
乾燥に弱いので、新聞紙にくるんだり、ラップに包んだりして冷蔵庫で保存。
葉がついているものは、葉と根の部分を分けてそれぞれ保存してください。

<おすすめレシピ>
冬に食べたくなるあったか〜いシチュー。シチューの素などを使わなくても自宅にあるもので簡単に作れちゃうんですよ!今回は、にんじんをたっぷり使った、ホワイトシチューをご紹介します♪使う野菜は、冷蔵庫の残り野菜をたくさん使ってくださいね。

「にんじんたっぷり!簡単ホワイトシチュー♪」

●材料(4人前)
にんじん・・・1/2本
白菜・・・ 500〜600g
玉ねぎ・・・1/2個
ぶなしめじ・・・適量
ウィンナー・・・4,5本
水・・・ 2カップ
コンソメ ・・・小さじ2(固形1個)
牛乳(豆乳)・・・ 2カップ
塩・こしょう・・・適量
★バター・・・ 30g
★小麦粉・・・大さじ2〜3

<作り方>
1、にんじんは、可愛く星形に型抜き(少しレンジで温めてからやると簡単です)。その他の野菜も一口大にカット。玉ねぎは薄切りがおすすめ。

2、鍋に水とコンソメを入れて煮て、野菜がやわらかくなるまで煮込む。

3、その間に、★を混ぜ合わせておく(バターをレンジで溶かしてから混ぜる)。

4、2に牛乳を加えて弱火で温める。塩コショウでお好みの味に調整。

5、火を止め★を入れ、よくかき混ぜてからまた弱火で混ぜ、とろみがついたら出来上がり!仕上げに粉チーズやパセリをかけると更においしさアップ♪

関連記事

  • 歴史あるティーサロンのチェリーサンド

  • 口の中で変化してゆく 深みある味わいの虜に

  • オーガニックフードも充実 何度も行きたくなる一軒家カフェ

  • 主婦の味方となるレシピを続々と!料理研究家フルタニマサエさん