mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Gourmet
2015.08.30

朝獲り野菜&仔羊 旨味を引き立てる奇跡のマッチングがここに誕生

横浜美術館内にある「ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ」は、美食の街といわれるフランス・リヨンのブラッスリーを思わせる佇まい。美術館で鑑賞した帰りに、また買い物の途中に、気軽に立ち寄れるフレンチのお店だ。

こちらでいただける地産地消メニューは「骨付き仔羊肉のグリル ローズマリー風味」(¥3,300)。メインの仔羊肉に添えられた野菜は主に横浜市内で、市場を通さず農家から直接買い付けることも。時には料理長自ら農家へ出かけることもあるとか。「まだ取組みを始めたばかりですので、これからもっと増やしていきたいと思っています」。(料理長・藤本貴史さん)

ジャガイモ、ナスなど、この日仕入れた横浜産野菜。右側の甘長唐辛子は辛みはなく、ししとうのような苦みがおいしかった!

野菜は種類によって調理法を変え、甘長唐辛子やナスは素揚げをしてスパイスをサッと。また、試食して特においしかったのは、ジャガイモのポムパイヤソン。千切りしたジャガイモにオリーブオイルと塩コショウをして成型したもので、つなぎは使っていないというだけあってシンプルなおいしさが印象に残った。

仔羊の骨からとったソースはとっても濃厚!ローズマリーの風味が肉の味わいを一層引き立てる。

毎週水曜限定のレディースランチ¥1,800、平日限定のビジネスランチ¥1,500など、さまざまなプランが用意されている同店。ワインメニューも豊富なので、ディナーでの利用もオススメだ。

検索