mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

アメリカのレトロ可愛いファンタジーの世界へトリップ

「WORLD TRIP」第二回目に取り上げるのは、アメリカの中央やや東よりにあるイリノイ州。東にはシカゴ、西には広大なミシシッピリバー流れる、自然豊かな州です。そんなイリノイ州を最南から最北まで、ミシシッピリバー沿いを車で1週間横断しました。途中小さな町に立ち寄りながら。


そこで出会ったのは、心ときめくオールドアメリカンな可愛い町の数々。


一昔前から時が止まっているかのようなアンティークショップに、レトロ可愛いお菓子屋さん。創業100年以上建つ長年人々に愛される老舗カフェやプチホテル。夢の国のような、どこもかしこもキュートな街並み。ここにはファンタジーの世界が広がっていました。

とある通りにあったお菓子屋さんに入ってみると、そこは、子供の頃の夢が詰まったワンダーランド。カラフルなキャンディに美味しそ〜うなチョコレート。甘〜いクッキーにポップカラーのビーンズ…。お菓子の家に迷いこんでしまったみたい!


またとある町で通りかかった小さな雑貨屋さんに入ってみたら、そこにはレトロでキュートなラベルのソーダやジュースの数々。男の浪漫、ルート66のビールまで発見。スローな時間が流れ、どこか違う不思議の世界に来てしまったような感覚。

そしてイリノイで出会った地元の人々はみんなフレンドリー。気さくに話しかけてくれて、心が温かく、いつもにこにこ。小さな町には、忙しくクールな大都会にはない、温かな繋がりやぬくもりが溢れています。

これは横浜でも同じ。新しくて綺麗な定番エリアはもちろん楽しいけれど、昔から残る商店街やメイン通りから一本外れた通り、ちょっと奥まった路地の一角にあるような古き良きお店に行ってみると、新たな横浜の一面を発見できるかもしれませんよ。

取材協力:Great Rivers Country

関連記事

  • 牡蠣のチャウダー 〜 牡蠣は冬のごちそう 1 〜

  • クリーミーアボカド&カリカリベーコンの絶品サンドウィッチ

  • まるで濃厚なチョコケーキのよう

  • 彩りもごちそう!人気パン屋さんの、目にもおいしいオードブル