mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

1口目のインパクト大 ! 鴨の旨みが口いっぱいに♪

ブルーライン高島町駅から徒歩3分、横浜駅から歩くと15〜20分ほどの場所にある、平沼 田中屋。

2020年でちょうど100周年を迎える田中屋の店主は鈴木さん。田中さんではなく、鈴木さんです!(田中屋で修行を積んだ先代が暖簾分けしてもらったために、店名が田中屋だそうです。)

メニューは、そばはもちろん、酒のつまみや魚定食など色々あり、来る者を飽きさせません。

なかでも、リピーター続出、大人気の看板メニューがこちら。

きざみ鴨せいろ(1,080円)

鴨から溶け出た旨み&脂がつゆに浮き上がり、そばと絡めて食べた時のおいしさは衝撃的です。

シンプルなのに奥深い味。


溢れんばかりに入った鴨つゆにそ〜っとそばをつけて・・・


いただきます!


「うまい!!」
「そばの香りと鴨の風味が一斉に押し寄せてくる。」とホズミン。

思わず、のけぞって笑みがこぼれてしまうほどの美味しさです。

つゆの美味しさをより一層ひきたてるために、実は随所に工夫があります。

まずは、この器。

溢れそうなぎりぎりまで鴨つゆは入っています。

横からみてましょう。

器にあるくぼみ。
これがあることで、上部に鴨の旨みが集結するようになっています。

時間が経っても熱々が保たれる湯呑みサイズなのもポイント。

こうした工夫がより美味しさをパワーアップさせています。

実は、ものすご〜く工夫されたつゆ入れ(特注!)なんですよ。

そして、せいろは、大食いの男性も大満足の2段!

店内で製粉した自家製麺を使用しており、鮮度も抜群!

ちなみに、大盛りを注文すると、せいろは3段で提供。

そして、鴨つゆとは別に、通常のつゆも付いてきます。

いかがでしたか〜?

ホズミンも大絶賛のきざみ鴨せいろ、ぜひ食べに行ってみてください♪

平沼 田中屋

2020年に創業100年を迎える老舗『平沼 田中屋』。そば以外にも、酒のつまみや丼、魚定食などメニューも豊富。そば懐石もあり。人気ナンバーワンの「きざみ鴨せいろ(1,080円)」は、鴨から溶け出た旨み&脂がつゆに浮き上がったつゆとそばを絡めて食べる新感覚のそば。他にも、野菜カレーせいろ、なども人気。

  • ショップ・スポット名
    平沼 田中屋
  • 住所
    横浜市西区平沼1-5-21
  • 電話
    045-322-0863
  • 営業時間
    月〜土11:00〜22:00(21:30L.O) 祝11:00〜21:30(21:00L.O)
  • クレジットカード
    可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
  • 駐車場
    あり
  • 喫煙
    完全禁煙
  • 予約
    可能
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    1000〜2000円
  • 個室
  • 総座数
    45席 (カウンター10席、テーブル19席、小上がり16席)
  • ペット
  • ドリンク
    日本酒、焼酎、ワイン
  • コース料理
    そば懐石あり
  • 貸切
    可能

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 極上ポークと県産野菜たっぷり♪ 自家製ドレッシングでどうぞ

  • 子どもも大人も、やっぱりハンバーグが大好き!

  • ものがたりのあるレシピ 2月 『牡蠣のオイル漬け』

  • 重慶飯店のシェフ秘伝のレシピ「えびチリ」