mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

映画「氷川丸ものがたり」上映会

戦前・戦中・戦後を生き抜いた奇跡の船の物語—

1930(昭和5)年、見習い調理員として氷川丸に乗り込んだ平山次郎13歳。船での仕事は厳しかったが、仲間たちは、次郎を親身に待って見守ってくれた。ある日、包丁で手を切った次郎は、診療室で看護婦の勉強中だというキヨ子と出会い、淡い恋心を抱く。
1941(昭和16)年、氷川丸は政府の徴用船となり、その後、海軍特設病院船となった。次郎乗船命令を受けた船員たちは、南方の島々で傷病兵収容の仕事に携わる。そして、次郎にも赤紙が。次郎は島の野戦病院で思いがけずキヨ子と再開。彼女は、日本赤十字社の看護婦となっていた。次郎たち負傷兵が移された病院船は、氷川丸だった。懐かしい活での仲間の顔もあった。やがて終戦となり—

このスポットの記事

関連記事

  • ノット監督が満を持しておくるエルガーの最高傑作

    開催期間:2018/07/15〜2018.07.15
  • 「アイーダ」の圧倒的な舞台をハイビジョン映像で上映

    開催期間:2018/08/25〜2018.08.25
  • たった500円で、美しいピアノデュオコンサートが鑑賞できる♪

    開催期間:2018/08/20〜2018.08.20
  • 優美なロココ音楽で、当時開かれていた音楽会のような時間へ

    開催期間:2018/06/22〜2018.06.22