mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ラタトゥイユとポーチドエッグのグラタン 〜たっぷり夏野菜!〜

ラタトゥイユとポーチドエッグのグラタン

夏野菜がおいしい季節を迎えます。
たっぷりと野菜が取れるおなじみラタゥイユは夏の元気を支える一皿となりますよ。
たくさん作ったラタゥイユもこんな風にアレンジすれば、また違った味わいが楽しめますね。

材料

パプリカ 大きめ2個 … 縦半分に割り種とワタを取り除く
玉ねぎ 1個 … 1センチの角切り
ナス 3個 … 1センチの輪切り 10分ほど薄い塩水につける
ズッキーニ 1本 … 1センチの輪切り にんにく 1片 … 粗みじん切り
トマト 大きめ1個 … 湯むきしてざく切り オリーブオイル 大さじ5
パセリ 適量 … 粗みじん切り
エルブドプロヴァンス 小さじ1/2
塩・胡椒 適量

1.野菜は上記の形状に切る。
2.パプリカは200度のオーブンで20分焼き、さわれるくらいに冷めたら皮をむいて2センチ角くらいの大きさに切る。
3.フライパンにオリーブオイル大さじ4を入れてなすを軽く炒め取りだす。オリーブオイル大さじ1を足して同様にズッキーニを軽く炒める。ズッキーニをとりだし玉ネギを炒める。

4.鍋にパセリ以外の野菜とエルブドプロヴァンスを入れて塩・胡椒をふり、沸騰したら蓋をして20分中火にかける。塩・胡椒で味をととのえる。

*野菜の量・種類はお好みでアレンジしてください。

材料 1皿分

卵 1個
粉チーズ 適量
パン粉 適量

1.ポーチドエッグを作る。鍋に湯を沸騰させて、計量カップなどに割りいれた生卵をそっと加える。白身が固まってきたらおたまなどですくってキッチンペーパーの上にそっと取り出し水気を取る。

2.耐熱皿にラタゥイユを入れてその上に1のポーチドエッグのせる。粉チーズとパン粉をふりかけて、230度に熱したオーブンで5分ほど焼く。熱いうちに頂く。

ラタトゥイユは南フランスを代表する郷土料理です。
レシピで使う“エルブドプロヴァンス”とはプロヴァンス地方のハーブという意味。タイムやローズマリーがミックスされた乾燥ハーブで、日本のスーパーでも売られています。このハーブを振り掛けると一気に本場のフランス料理らしい香りが立ち上りますよ。

関連記事

  • OLIVES オリーブはEll Ellaの人気お弁当とお総菜のお店です

  • 手土産の定番といえばこれ。 小さくても存在感大!

  • サクッ、シャキッ! 迷ったらこれ!

  • 緑に囲まれた 隠れ家のような アンティークカフェ