mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

ヨコハマトリエンナーレ2017「ヨコハマプログラム」 鶴見大学×横浜美術館美術情報センター 「ひろがる源氏 つながる古地図」

鶴見大学と横浜美術館美術情報センターは、「ひろがる源氏 つながる古地図」を開催します。同大学図書館所蔵の『源氏物語』「明石」巻の古写本や版本などの古典籍と古地図などの貴重書の展示を通して、ヨコハマトリエンナーレ2017のテーマである「孤立」と「接続性」を読み解きます。
8月4日(金)から9月13日(水)の前期には、写本によって限られた立場の人々の間で読み継がれた『源氏物語』が、版本というメディアを通じてさまざまな大衆文化に広がっていく様子を、鎌倉時代以降の古典籍で紹介します。
9月15日(金)から11月5日(日)の後期には、西洋と東洋および日本の世界観が変容してゆく在り様を、16世紀以降の古地図で紹介します。

前期は、伝冷泉為相筆『源氏物語』「須磨」巻(古写本、鎌倉時代後期)、後期は、イエズス会士の地図製作者ティセラによる「日本図」などを展示する予定です。展示点数計約35点。

なお、本展は、図書館情報学の専門コースを有する鶴見大学と、美術専門図書室である横浜美術館美術情報センターとの連携事業として実施します。
鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科の授業「特別実習I」を履修する学生が、展示資料の準備や会期中の展示品解説などを行います。
また、横浜美術館美術情報センターは、横浜美術館の中にある美術専門の図書室として、〈モノ〉としての資料の価値に着目し、図書室機能の充実を目指してきました。

会場は横浜美術館美術情報センター、入場は無料です。
会期は8月4日(金)から11月5日(日)まで(前期・後期、休館日あり)。

関連記事

  • ギャルリー・パリにて。ミラノ在住の画家・松山修平の新作個展

    開催期間:2018/07/18〜2018.07.31
  • モネだけじゃない!! 横浜美術館のコレクション展にも注目

    開催期間:2018/07/14〜2018.12.16
  • ガラス、陶芸…日常でも使える作品が並ぶアートマーケット開催

    開催期間:2019/07/03〜2018.07.22
  • 19世紀以降の作家たちのいきものを見つめるまなざしとは?

    開催期間:2018/07/07〜2018.09.02