mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

パシフィコ横浜×はまぎん こども宇宙科学館 『みなとみらいで星空観察~オリオン大星雲と冬のダイヤモンドをみてみよう~』

パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:鈴木隆)と、はまぎん こども宇宙科学館(所在地:横浜市磯子区、館長:的川泰宣)は、2018 年1 月23 日(火)にパシフィコ横浜で開催する『みなとみらいで星空観察~オリオン大星雲と冬のダイヤモンドをみてみよう~』の参加者を100 名限定で募集(参加無料)いたします。

本イベントは、パシフィコ横浜を会場に、明るい夜空の下ではなかなか見ることのできない都会の星空を、天体望遠鏡を使って観察する貴重な体験をしていただきたいと、パシフィコ横浜と、はまぎん こども宇宙科学館が2015 年より共同企画で実施しているものです。

今回は、オリオン座と冬の代表的な6 つの星座の一等星を結んだ六角形の「冬のダイヤモンド」を観察します。また、国立大ホールのエントランスのステンドグラスを特別公開し、こども宇宙科学館の天文専門員が解説を交えながら、描かれた15 の星座にまつわる神話などについて、お楽しみいただきます。澄み切った空に輝く星空とともに、宝石箱をちりばめたような、みなとみらいの冬のイルミネーションも同時にお楽しみいただけます。

天文専門員による観測する星についてのレクチャーと、天体望遠鏡を使った実際の星の観察は、星への興味を深めることができる、人気の体験学習イベントです。

開催内容:
① 国立大ホールエントランスロビーのステンドグラス鑑賞
② はまぎん こども宇宙科学館天文専門員による星空の解説
③ 国立大ホールテラスでの天体望遠鏡による星空の観察
*天候状況により、星空観察は屋内でのレクチャーに変更になる場合がございます。


★オリオン大星雲について★
オリオン大星雲はオリオン座の三ツ星と呼ばれる星の並び付近にある天体で、地球からの距離は約1400 光年。オリオン大星雲の中では、新しい星が次々と生まれており、生まれたばかりの星たちの光や熱がまわりのチリやガスを輝かせています。
冬のダイヤモンドについておおいぬ座の「シリウス」、こいぬ座の「プロキオン」、ふたご座の「ポルックス」、ぎょしゃ座の「カペラ」、おうし座の「アルデバラン」、オリオン座の「リゲル」の6つの一等星を結んでつくる六角形を『冬のダイヤモンド』または「冬の大六角形」と呼びます。

★パシフィコ横浜 国立大ホール ステンドグラス「星座’94 横浜」について★
パシフィコ横浜 国立大ホールのエントランスを飾るステンドグラス「星座’94 横浜」は幅13~19m、高さ14mの大きさを誇り、宇宙の無限の広がり、奥行きを観るものに感じさせます。
平山郁夫画伯による原画を元に製作され、国立大ホールがオープンした1994 年の開港記念日(6 月2 日)に横浜上空に見える星空を、コンピューター解析して星座を配置し、壮大な星の神話、ギリシャ神話の世界を描いています。このステンドグラスには、天の川、乙女座、天秤座、狼座、さそり座、ヘビ・ヘビ使い座、ヘラクルス座、射手座、琴座、ワシ座、いるか座、矢座、こぎつね座、白鳥座が描かれています。この美しいステンドグラスは、不定期で、一般公開されております。

関連記事

  • 神奈川近代文学館で、詩人・白楽天についての講演会開催

    開催期間:2018/05/30〜2018.05.30
  • 築300年の古民家に。今年は“世界の風鈴”の音色が響き渡る

    開催期間:2018/06/19〜2018.06.24
  • シルクスクリーンプリントに挑戦して、自分だけのトートバッグをつくろう

    開催期間:2018.05.12
  • 日本郵船歴史博物館で明治150年記念特別講演会、開催(1)

    開催期間:2018/07/07〜2018.07.07