mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

企画展「清方と祝う正月」

鏑木清方は、正月を迎えると氏神や七福神へ詣でたり、書初めをするなどして新春の吉事や慣わしを楽しみました。
正月二日の仕事始めには、硯や絵具皿を清めて心新たに画面に向かい、弟子の伊東深水や寺島紫明らとの新年会のために、肉筆の羽子板も用意しました。そして、身近な人々と新春を祝うだけでなく、正月で賑わう街やそこに集まった人々の様子を取材し、趣豊かな作品を描きました。また、明治から昭和にかけての東京の正月など季節の風物を随筆に書きのこしました。
本展覧会では、新春の風情を描いた作品や口絵、清方作品をもとに名押絵師・永井周山が意匠化した押絵羽子板《明治風俗十二ヶ月》なども展示し、正月を祝う清方の心情を随筆から紹介いたします。

このスポットの記事

関連記事

  • 日々の生活に、身近なアートが“涼”を運んでくれる

    開催期間:2018/07/04〜2018.07.24
  • 夢と狂気のあわいを彷徨う現代銅版画家、駒井哲郎の宇宙へ

    開催期間:2018/10/13〜2018.12.16
  • 未来へつづく贈り物。かこさん、素敵な出会いをありがとう!

    開催期間:2018/07/07〜2018.09.09
  • 太陽の塔リニューアル記念! 岡本太郎が生んだパブリックアートの世界

    開催期間:2018/07/14〜2018.09.24