mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』

人間の‘光’と‘闇’を深く美しく描き出す、
これが劇団四季の最新ミュージカル。

人間の心と社会の深淵を見つめた文豪ヴィクトル・ユゴーの代表作『ノートルダム・ド・パリ』を原作に、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作した、詩的で荘厳な、胸を打つミュージカル。不幸な運命を背負った大聖堂の鐘つき男をめぐる圧倒的な人間ドラマです。
アカデミー賞にノミネートされたディズニー長編アニメーションの楽曲に基づいた音楽は、作曲アラン・メンケン(『美女と野獣』『アラジン』ほか)、作詞スティーヴン・シュワルツ(『ウィキッド』ほか)の名コンビによるもの。大聖堂を包み込むその抒情的で重厚な響きは、力強いクワイヤ(聖歌隊)の歌声とともに客席を感動の渦に巻き込みます。
「怪物か人間か。私たちは何者?」、問いかける清冽な歌の言葉に、心からの共感と絶賛の声が寄せられています。時に残酷で理不尽な時代に生きながら、それでも未来に希望を託す熱い祈り。大きな反響に応えて、早くも首都圏リターン!深く美しい傑作ミュージカルを、この機会にぜひお見逃しなく。

STORY

15世紀末のパリ、ノートルダム大聖堂の聖職者フロローにひきとられ、その容貌から鐘つき塔に閉じ込められたカジモド。祭りの日、ジプシーの踊り子エスメラルダに出会い、恋をする。美しいエスメラルダに邪悪な欲望を抱いたフロローは、警備隊長フィーバスにジプシーの排除を命じるが、フィーバスもまたエスメラルダに心奪われていく。入り組んだ愛憎の連鎖の結末は・・・。
劇団四季公式サイト

関連記事

  • ザ・デイサービス・ショウ2018 ~It’s Only Rock’n Roll~

  • 劇作家エンダ・ウォルシュの戯曲を白井晃演出により日本初演

    開催期間:2018.04.14〜2018.05.06