mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

収蔵品展「作家と歩く鎌倉 その2 由比ガ浜・材木座方面」

鎌倉に訪れ、暮らし、そしてこの地を愛した文学者たちは、それぞれの鎌倉を作品に書きました。彼らの文学作品をとおし「鎌倉」を逍遥するシリーズ収蔵品展の第2回は、由比ガ浜・材木座方面の魅力を高浜虚子、与謝野晶子、武者小路実篤、芥川龍之介ら28人の目をとおし紹介します。

関連記事

  • 3名の作家を紹介。「新・今日の作家展」で現代美術の面白さを知る

    開催期間:2018/09/21〜2018.10.08
  • 船を愛したイラストレーター、柳原良平の世界が広がる!

  • 奄美の自然を色鮮やかに。孤高の画家、田中一村の世界

    開催期間:2018/04/06〜2018.09.24
  • 柔らかな色彩…シルクスクリーンで描かれた門馬英美の作品世界

    開催期間:2018/08/27〜2018.09.07