mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

世附百万遍念仏

 県指定無形民俗文化財「世附の百万遍念仏」は約600年前から伝承されているという念仏信仰で、毎年2月15日から17日まで山北町世附の能安寺で行われていましたが、三保ダムの建設に伴い、現在では山北町向原に移転された能安寺で行われています。
百万遍念仏といえば善男善女が寺院の本堂に円座して中央に導師を迎え大数珠を繰りながら念仏を唱える京都知寺型百万遍念仏を指しますが、世附の百万編念仏は大数珠を巨大な滑車に取り付け、数珠を回転させる全国的にも珍しい行法です。

関連記事

  • 趣味を見つける春、“漢詩の世界”を楽しんでみませんか?

    開催期間:2018/04/20〜2018.06.06
  • 築300年の古民家に。今年は“世界の風鈴”の音色が響き渡る

    開催期間:2018/06/19〜2018.06.24
  • 日本郵船歴史博物館で明治150年記念特別講演会、開催(1)

    開催期間:2018/07/07〜2018.07.07
  • 子どもの日の翌日の日曜日、あざみ野で手づくりワークショップ開催

    開催期間:2018.05.06