mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

いま そこにあるなにか

リアリティは、あくまでも物質的な意味での存在の証明を意味するのかもしれないが、物質的に存在しないものを第三者とともに共有する(承認する)ことで存在させてきたリアリティもある。
物質的な豊かさが崩壊し、ネットの普及に至るまで、視覚情報が現実に手で触れられるものだけとは限らない現代において、良くも悪くも「見えなくともそこに在る」という認識がむしろ強まっているように感じられる。

個々の作家表現から制作された作品は鑑賞者が媒介となる事でパーソナルなものを越え、「見えなくてもそこに在るなにか」という物事の本質を提示してくれる展示となるのではないだろうか。

関連記事

  • 横浜美術館「ヌード」展に行く前に知っておきたい7つの秘密

    開催期間:2018.03.24〜2018.06.24
  • ホワイトキューブな空間に“色”が舞う…若手作家、櫻井伸也個展

    開催期間:2018/05/09〜2018.05.17
  • 2ヶ月に一度、横浜に幻のように現れる「赤い部屋」を知ってる?

    開催期間:2018/05/11〜2018.05.12
  • ヌード展 連動企画「人を描く ー日本の絵画を中心に」

    開催期間:2018.03.24〜2018.06.24