mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

淡島神社祭礼 (横須賀市)

「あわせてください淡島様よ、お礼参りは二人づれ」と、底抜け柄杓(びしゃく)の柄に麻を結んで奉納する祭礼は、桃の節句の3月3日に行われます。底抜け柄杓は「水が抜けるように安産」の願いがこめられ、全国各地の安産祈願でも見られるものです。祭礼では、神社前の芦名海岸から神職・巫女(みこ)が船に乗り込み、流し雛(びな)を行います。
持ち込まれた人形の供養が行われます。

関連記事

  • 趣味を見つける春、“漢詩の世界”を楽しんでみませんか?

    開催期間:2018/04/20〜2018.06.06
  • 築300年の古民家に。今年は“世界の風鈴”の音色が響き渡る

    開催期間:2018/06/19〜2018.06.24
  • シルクスクリーンプリントに挑戦して、自分だけのトートバッグをつくろう

    開催期間:2018.05.12
  • 神奈川近代文学館で、詩人・白楽天についての講演会開催

    開催期間:2018/05/30〜2018.05.30