mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

STORY「お父様の形見を、毎日身に着けられる腕時計に」

【思いをつなぐストーリー】
第3回
ロデオドライブ×ミレア スペシャルコンテンツ
本誌では伝えきれなかったインタビュー・ロングバージョンをお届け!

第3弾となる今回は、ブランドアイテムを購入するお客様の背景には、どんなストーリーがあるのか。日々、お客様とのつながりを大切にされている「ロデオドライブ元町本店」店長の堀井聡(ほりい・さとし)さんにお話を伺った。

ものの形が変わっても、
思いはつながっている。
価値ある逸品だからこそ
今、必要なもの、使えるものに変えていく。


今回お話いただいた「ロデオドライブ元町本店」の店長、堀井聡さん。

一一一ロデオドライブにお越しになったお客様は、実際どのようなタイミングで商品をお買い求めになるのでしょうか。
堀井__奥様へのプレゼントだったり、ご自分用だったり、それは本当にさまざまです。少し前には、お父様の形見という腕時計をお持ちになった女性がいらっしゃいました。「とても大切なものだけれど、持っていても自分で使うことができない」とご相談いただいて。その時計は、男性用であるうえに年代物でかなりサイズも大きかったんです。ですから女性の腕には重過ぎて合わない…。そこでご提案させていただいたのが、単に買い取っておしまいではなく、お客様ご自身がお使いになれる何か別のものに「変えてみる」ということ。しかも、大好きなお父様をいつも近くに感じられるようなものに。
一一一そのお客様の反応は?
堀井__強く共感いただいて、結果的にお父様の時計を下取りにして女性用の腕時計をお買い求めになりました。しかもお父様の腕時計と同じ、電池式ではなく自動巻の時計を。形は変わってしまいましたが、肌身離さず毎日身に着けていられるということで、安心されたようでした。
一一一お父様と同じ、自動巻に?それも凄く素敵なお話ですね。
堀井__はい。お父様が好んで使っていらした自動巻をあえてお選びになられました。「ひとつぐらい自動巻の時計があってもいいかな」っておっしゃって。自動巻きの時計は、20年、30年、さらには半世紀ものなんていうのも当たり前に存在するんですよね。メンテナンスさえきちんとしていれば、長くお使いいただけるのが魅力なので。そういったお話もたくさんさせていただきました。
一一一そうやって、お父様との「絆」が形を変え娘さんの元へ戻ってきた…。
堀井__そうなんです。ご本人のお気持ちのなかで少しでも納得のいく形にしていただきたかったので。お客様のほっとされたお顔を拝見して、私も非常にうれしかったですね。

一一一ちなみにその腕時計は、どんなブランドだったんですか。
堀井__お父様の形見としてお持ちいただいたものは、古いピアジェの腕時計でした。そして娘さんは、その時計をロレックスに替ええられて…。
一一一お金に換えるのではなく、そうやってご自分が身に着けていられるものに替えれば、ずっとお父様の思いと一緒にいられますものね。ほかにはどんなお客様が?
堀井__もう何度もご利用いただいていますが、若くして会社経営をされている男性のお客様も素敵なんですよ。その方は仕事で大きくステップアップするタイミングで、必ず次のステージに向けた新しい腕時計をお求めになるんです。自分へのご褒美的なものだとおっしゃっていますが、毎回「格好いいなぁ」と思いながら、私も一緒に楽しみながらご相談にのらせていただいています。
一一一願掛けみたいですね(笑)。
堀井__たくさんお話するなかで「さらに上へ行くぞ」という気持ちが伝わってきて、ご提案するこちら側にも熱が入ります。当店は、何よりもお客様とのコミュニケーションを大事にしておりますので、おひとりおひとりの生活スタイルに合わせて、今いちばん必要なものをご提案させていただきます。


年代ものの時計にも、ロデオロライブなら出会うことができる。

一一一男性のお客様は、やはり腕時計をお買い求めになられることが多いですか?
堀井__そうですね。男性は、自分もそうですが、仕事用など普段使いするものにも“こだわり”をもっていたいので、腕時計のほかに財布や名刺入れなど小物類を探しにいらっしゃる方も多いですよ。意外かもしれませんが、男性の方が女性より買い替え時期のスパンが短いんです。売っては買って、売っては買ってと繰り返す方もかなり…。
一一一男性って、新しいもの好きですもんね(笑)。
堀井__男性はおしゃれをする場所が女性に比べて限られていますからね。その辺は大目にみてあげてください!(笑)


お客様との会話のなかで「必要なもの」を探っていく。

一一一ロデオドライブ元町本店において、接客で心掛けていることはありますか?
堀井__当店では、ご来店になったお客様に「いらっしゃいませ」ではなく、「こんにちは」とお声掛けさせていただきます。気負いなく、ゆったりと過ごしていただける空間づくりを心掛けているんです。なかには、ふらりと立ち寄られて、馴染みのスタッフと談笑しながらお茶を召し上がってお帰りになるお客様もいらっしゃるんですよ(笑)。
一一一お話をするだけ!?
堀井__商品の売り買いだけが、お客様とのつながりではないと思っているので。「仕事の途中で寄ったよ」と声を掛けていただいて、最近あった面白いお話なんかをお聞きする時間もとても大切だと思っています。実は以前、呉服屋に勤めていた経験があるのですが、その頃からお客様とのコミュニケーションを何よりも大事にしてきました。何よりも自分自身、お客様とお話する時間が楽しいんですよね。


元町商店街に面したロデオドライブ元町本店店内の様子(一部)。

一一一なるほど。でもきっと、それがお客様からの強い信頼につながっているんだと思います。
堀井__ありがとうございます。お買い求めいただくお客様だけでなく、買い取りを希望されるお客様も、緊張されていたり、値段がつくかどうか不安を抱えていたりすると思うんです。だからこそお客様とのコミュニケーションを一番に考え、安心して商談ができるように心掛けることが必要なんです。


ショーケースに並びはじめた春色のアイテムたち。

一一一では最後に、ロデオドライブで今春お買い物をするなら?
堀井__バッグ、財布などカラフルなものが次々に顔を並べる予定ですので楽しみにしていてください。また、春は始まりの季節といわれます。例えば入社記念などに思い切って憧れの時計を手に入れてみてはいかがでしょう。5年、10年とキャリアを積んでいく自分と同じ時を刻んできた時計は、かけがえのない存在になりますよ。

堀井店長から!
春におすすめのアイテムはコレ!

「春は、お祝いごとも増えますね。入学式、入社式、そしてお呼ばれの席……パールネックレス&イヤリングのセットがひとつあると、さまざまなシーンで活躍して便利です。」

ロデオドライブ元町本店
横浜市中区元町4-169
TEL:045-662-6126
年中無休11:30〜19:30(土・日・祝10:30〜19:30)

ロデオドライブ元町本店

横浜・元町に本店を構えるリユース・ブランドショップ。エルメス、ルイ・ヴィトン、シャネル、グッチのバッグや、ロレックス、カルティエの腕時計など高い真贋力で選び抜かれた中古品のみ店頭に並ぶ。しっかりとケアを受けた海外ブランド商品を、お得な価格で購入できるのはうれしい。

  • ショップ・スポット名
    ロデオドライブ元町本店
  • 住所
    横浜市中区元町4-169
  • 電話
    045-662-6126
  • 営業時間
    年中無休11:00〜19:30(土日祝10:30〜19:30)

マップ

関連記事

  • 最旬ストリートスタイルに欠かせない丈の長いプリントロンT

  • 秋の食卓、家族の団欒には大切な赤ちゃんも。

  • 表面が凸凹したワッフルタオルは、肌触りが良くて吸水性も抜群!

  • 壁に咲いたお花がお客さまをお出迎え♪