mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

【ガーデンネックレス横浜2018】横浜を彩る沢山の花々で春を感じよう!

今年も横浜が花と緑であふれます! ~ガーデンネックレス横浜2018~

この春、里山ガーデンや山下公園をはじめとするみなとエリアを中心にパンジー、サクラ、チューリップ、バラといった沢山の花が横浜を色鮮やかに彩ります。花の移り変わりとともに横浜ならではの港の景観や街並み、イベント等を巡りながらお楽しみいただけます。アンバサダーとして俳優の三上真史さん、マスコットキャラクターにお花の頭が可愛らしいガーデンベアが活躍しますよ。
ご家族や友人、恋人と散策したり、カメラ片手に記念の一枚を撮ってみてはいかがでしょうか?

サクラ(3月下旬~4月上旬)※昨年の写真「さくら通り」
さくら通り[100本]
汽車道[19本]
運河パーク[15本]等ほか

※イメージ画像「日本大通り(日本花通り)」

※新港中央広場「ジャクリーンガーデン」

チューリップ(4月上旬~4月中旬)
横浜公園[16万本]
日本大通り[3.7万本]
新港中央広場[3.5万本]
山下公園[2.4万本]<計25.6万本>

※昨年の写真「山下公園(未来のバラ園)」

バラ(5月中旬~5月下旬)
山下公園「未来のバラ園」[190品種、2,300株]
港の見える丘公園「イングリッシュローズの庭」[150品種、1,100株]
「香りの庭」[100品種、500株]
「バラとカスケードの庭」[80品種、500株]<計4,400株>

【期間】平成30年3月24日(土)~6月3日(日)/72日間

また、里山ガーデンでも花と緑に親しむイベントを開催!パンジー・ビオラを中心に春らしいパステルカラーの花で彩る市内最大級約10,000㎡の大花壇を公開します。「笑顔花咲くナチュラルガーデン」という素敵なテーマの通りこの時期だからこそ楽しめる心躍る絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか?
■里山ガーデンフェスタ
【期間】平成30年3月24日(土)~5月6日(日)9:30~16:30 [44日間]
【場所】旭区上白根町1425-4(よこはま動物園ズーラシア隣接)

この機会にぜひ足を運んでみてください♪

※さらに詳しくはこちらまで↓
【環境創造局 ガーデンネックレス横浜2018】http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/green/gardennecklaceyokohama/

山下公園

1930年に完成した山下公園は、横浜でももっとも有名な場所。関東大震災のあと、市内のがれきを4年がかりで埋め立て、上を良質な土で覆ってつくった復興の象徴でもありました。公園沿いにはかつて港横浜のシンボル氷川丸が係留され、港町横浜の景色を代表しています。公園内には数多くの記念碑があり、サンディエゴ市から贈られた「水の守護神」、童謡でおなじみの「赤い靴はいてた女の子像」などは見どころです。

マップ

新港中央広場

開国博 Y150 「はじまりの森」 の展示会場として使用された後、「新港中央公園」に。四季折々の花々がキレイで、訪れる人の心を癒します。

  • ショップ・スポット名
    新港中央広場
  • 住所
    横浜市新港一丁目 5

マップ

港の見える丘公園

横浜開港時、イギリスとフランスの軍隊が駐屯した場所としても知られています。1962年に公園として開園。のちにフランス領事館が置かれていた跡地をフランス山として公園に併合、イギリス総領事公邸はイギリス館として開館しました。さらに、1978年には大佛次郎の記念館が開館、1984年には神奈川県立近代文学館がオープンし、横浜港を見下ろす散歩コースとして賑わっています。5月と10月、園内のローズガーデンでは、市の花バラが見事な姿を見せてくれます。

マップ

横浜公園

横浜市庁舎の隣にある、横浜の中では山手公園についで2番目に古い公園。

マップ

関連記事

  • シルクスクリーンプリントに挑戦して、自分だけのトートバッグをつくろう

    開催期間:2018.05.12
  • 劇作家エンダ・ウォルシュの戯曲を白井晃演出により日本初演

    開催期間:2018.04.14〜2018.05.06
  • 街散策をしながら黄金町に広がるアートを感じる

  • 春のお祝いランチ「スカイブッフェ」