mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

クレープシュゼット 〜オレンジが薫る本格デザート〜

クレープシュゼット

オレンジが香る本格デザートを作ってみましょう!

20センチのフライパンで8枚分

薄力粉 100g …ふるっておく
全卵 1個 卵黄 250cc
砂糖 15g
溶かしバター 15g
塩 ひとつまみ
サラダオイル 少々

1. クレープ生地を作る。ボールに牛乳・溶かしバター以外の全ての材料を入れ、泡だて器で混ぜ合わせる。牛乳を少しずつ加えながら溶きのばし、溶かしバターを加え混ぜ合わせなめらかな状態にする。ラップをして冷蔵庫で一時間ねかせる。
2. クレープを焼く。フライパンを熱しサラダオイルを塗り、50ccのクレープ生地(レードル1杯程度)を薄く流し入れる。周りが焼けてきたら裏返す。網目状に焼き色がつくのが良い。

グラニュー糖 40g
バター 40g
オレンジジュース 150cc
グランマニエ 大さじ1

1. オレンジソースを作る。フライパンにグラニュー糖を入れて火にかけ溶かす。うっすら茶色くなったらバターを加えて溶かす。バターが溶けたらオレンジジュ―スを加えて煮立てる。グランマニエを加えてアルコール分を飛ばす。
2. 四つ折りにしたクレープをソースの中において、温めながらソースをしみこませてゆく。
3. お皿に盛りソースをかけて、お好みで薄皮をむいたオレンジ、ミントの葉を添える。

『一言コラム』

クレープシュゼットは19世紀の仏料理人、アンリ・シャルパンティエが考案したデザートと言われています。
間違ってクレープにかけたリキュールに火がついてしまったことがきっかけとか。
レストランや祝宴では、客前でフランベ(リキュールのアルコール分に火をつける)を行う華やかな演出で有名な一皿です。

関連記事

  • 香ばしく焼いたさんまと生姜のピリッとした辛さで箸が進む!

  • 毎日食べたくなる、カラダ喜ぶオーガニックランチ。

  • 持ち帰ろうか、食べようか。ふんわり優しい味が心に響く

  • 部屋のテラスから海一望! 憧れのホテルに泊まってみた