mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

企画展「山川方夫と『三田文学』展」

4度芥川賞の候補になるなど、その才能を期待されながら、34歳の若さで不慮の事故のために亡くなった作家・山川方夫(1930~1965)。作家として活躍し、さらに雑誌「三田文学」の黄金時代を築いた名編集者として、江藤淳、坂上弘、曾野綾子ら多くの文学者を世に送り出しています。 短い人生の中で、小説、批評、エッセイ、雑誌編集と幅広く活躍した輝かしい創作活動と、山川が、田久保英夫、桂芳久と再刊に力を尽くし、編集を担当した「戦後第三次三田文学」の文学史における意義を、日本近代文学館・山川方夫文庫の資料を中心に紹介します。
同時開催:常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第1部 夏目漱石から萩原朔太郎まで」

企画展「山川方夫と『三田文学』展」
【開催日】2018/1/27(土)~2018/3/11(日)月曜休館
【開催時間】午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【料金】一般¥400、65歳以上/20歳未満及び学生¥200、高校生¥100、中学生以下無料
【場所】神奈川近代文学館第2展示室
【URL】http://www.kanabun.or.jp/exhibition/6937/
【お問い合わせ】045-622-6666 公益財団法人神奈川文学振興会

県立神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • ショップ・スポット名
    県立神奈川近代文学館
  • 住所
    横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00
  • URL

マップ

関連記事

  • 日本郵船歴史博物館で開かれる、月に1度の生演奏コンサートへ♪

    開催期間:2018.03.10
  • 美味しいチョコを食べながら走る 世界で唯一のランイベントへGO!

    開催期間:2018.02.24
  • 街散策をしながら黄金町に広がるアートを感じる

  • 企業のショールームで、最先端技術を体験しよう!